お客様が実感されたアトピーの改善

長崎県松浦市 螢┘シート 高田千草 社長

当社のスキンクリームは化粧品なので、これを塗ることによってなにかの症状がよくなるというようなことは申し上げていません。ただ、多くの方から喜びの声をいただく中には、私自身も驚くような事例を報告してくださる方もいらっしゃいます。

今回は、その中でも特に印象的だった女性の事例をご紹介したいと思います。
数年前のことですが、毎月スキンクリームを8個ずつ注文される方がいらっしゃいました。毎月購入されるので、何にそんなに大量に使うのか不思議に思っていました。半年ほど経ったときに「何に使っているのですか?」と尋ねたところ、アトピーの娘さんに使っているということでした。

当時、その娘さんは20歳ぐらいだったのですが、皮膚が割れて黒くなり、汁が出るような本当にひどい状態でした。それで、同じようにアトピーで悩んでいた知り合いの方から紹介され、クリームを使い始めたそうです。
ところが、クリームを塗ると、最初の1週間は高熱が出たそうです。普通、化粧品を塗って高熱が出るということはありえないと思うのですが、何かが反応したのでしょう。ステロイドを長年使っていたために細胞が縮こまって硬くなっていたのが、スキンクリームを塗ったことにより活発に働き出したので、最初に熱が出たのかなと思います。
「それからどうなりました?」と聞いたら、「だんだん良くなってきて、今はだいぶん良くなりました」とおっしゃっていました。
そして、使い始めて1年半ほど経った頃、その方からの注文がピタッと止まりました。急に止まったので私も「どうされたんだろう」と思っていました。

それから半年ほどでしょうか。私があるイベントに出店していたら、アトピーだった娘さんご本人がいらっしゃって「私、このクリームのおかげでこんなにきれいに治ったんですよ」とおっしゃったのです。
スポットライトに当たったら反射するぐらい顔がきれいになっていて、本当に酷いアトピーだったというのが信じられないほどでした。言われてみれば、昔のところがちょっと赤くなっているかなという程度だったのです。
注文がなくなったので使わなくなったのかなと思っていたのですが、大分よくなってからは近所のお店で購入する形でずっと使ってくださっていたそうです。
そして、コンビニなどでも販売している有名なコスメ雑誌に紹介してくださって、「祖母も母も私も三世代で使っているクリーム」として写真入りで掲載されました。

別の機会にそのお母さんとお話した時、「うちのクリームでよくなったっておっしゃってますけど、ほかにも何か使ったり、どこかに通ったりしたんですか?」とお聞きしました。
アトピーで悩んでいる方は、水道水の塩素を取り除いたり、サプリメントを摂ったり、総合的にいろいろ取り入れて症状を改善していくという方がほとんどです。
でも、そういうことは特になくて、「ほぼほぼこのクリームだけです」とおっしゃったので、私も改めてビックリしました。

引っ張り出す力がある

よく「アトピーなんですけど、このクリームを塗って治りますか?」と聞かれるのですが、最初に言ったように、薬ではないので「治ります」とは申し上げられません。
また、好転反応といったようなことを理解されてない方が使った場合、塗ったことで症状がひどくなったり、痒みが増したりするので驚いてしまう方もいらっしゃいます。
それで、そういうこともお話しているのですが、小さいお子さんでアトピーの酷い方など、やっぱり使ってみてたら痒みが増したり、湿疹がひどくなったりするので、ステロイドと交互に使っているとおっしゃる方もいます。

また「ステロイドを止めたら症状が酷くなったから、やっぱり続けないといけない」という方もいらっしゃるのですが、それは誤解があります。
本来、皮膚というのは排泄器官の一つです。ですからアトピーも、出さなければいけないものを出そうとして肌から排出しているのです。
ステロイドは皮膚に塗ることによって、本来出さなければいけないものを中に閉じ込めるというものです。ですから、止めた時に反動が出て、症状がひどくなります。
これまで閉じ込められていたものが、「ようやく外に出せる」と一気に出てきてしまうのです。それを「症状が酷くなった」勘違いされている方が多いようです。

うちのクリームの場合、デトックス効果というか、不要なものを外に引っ張り出す働きがあります。
ステロイド剤と交互に使うと、閉じ込めようとする力と引っ張り出そうという力が拮抗することになるので、どちらか一方にしないと改善しないですよとお話させてもらっています。
思春期のニキビや吹き出物も、ホルモンが活発なために外に出てきているのですが、そういうものもスキンクリームをつけると、最初は一時的にひどくなります。
でも、続けて使っているとよくなってくるので、そのような人間の健康になる仕組みを理解していただければ、クリームの効果や好転反応についてもわかっていただけるのではないかと思います。

スキンクリームの使い方

もう一人、やはり酷いアトピーだった元看護婦の60代の女性がいらっしゃいます。肌の状態がひどく、ステロイドを塗っても肌が黒くガサガサになっていたそうです。
クリームを使い始めたのが夏だったので、ジュクジュクと汁が出て、痒くなって大変だったとのこと。まだ発売して間もない頃で、周囲の人から「そんなよくわからないようなクリームはやめたほうがいいんじゃないか」と言われたそうです。

でも、その方は看護師さんでしたから薬についての知識があります。いろいろ使った上でそういう状態になっているので、「もう薬は使いたくない」と自然食や自然療法を取り入れられていました。このクリームについてもご自分なりに調べられて、「絶対にこのクリームはいいと思うから信じている」といって、使い続けられました。
最初の2週間は汁が出て、赤くなったり痒くなったりと本当に辛かったそうですが、その後はずいぶんよくなって、今も使い続けてくださっています。娘さんやお孫さんにも使っていますが、お孫さんがすっかり気に入って、来た時には「ちょうだい」と言って持って帰るので、すぐになくなってしまうとおっしゃっています。

その方がスキンクリームの使い方を教えてくださったのですが、そういう状態になった時は2〜3日空けてから薄く塗るのだそうです。すると、またちょっと汁が出てくるので、それを拭き取って、また薄く塗ります。また2〜3日空けて、また薄く塗るという感じで繰り返すといいそうです。
その方はご自身がひどいアトピーから改善している上に、医学的な知識も持っていらっしゃるので、時々お話を聞かせてもらっています。有難いことに、私の身内にはアトピーで悩んでいる者がいないので、お客様から相談を受けた時など、その方に相談するといろいろアドバイスをしてくれます。

手術の糸が出てきた

もう一つ、不思議な話ですが、昔の手術の糸が出てきたという事例があります。
今は手術でも溶ける糸を使いますが、昔はガーゼや糸の取り残しという話を聞いたものです。スキンクリームを塗っていたら、そういう昔した手術の糸が体内から出てきたというのです。

あるお客様から、昔ケガをして手術をしたところから糸が出てきたという話を聞き、そんなことがあるのかと驚いたのが最初です。
それを近所に住むお客様にお話ししました。すると、その方も実際に塗ってみたようで、しばらくしてから「私も手首のリウマチの手術の痕から糸が出てきたよ」とおっしゃいました。
どんなふうの出てきたのか聞くと「最初、チクチクとした感じで、スウッと出てきた」ということでした。

さて、私の母は40年ほど前に子宮外妊娠の手術をしたのですが、その手術の糸の取り残しが原因で、年1回か2回、患部が化膿していたのです。それがものすごく痛いと言うので、20年ほど前に別の病院で糸を取るための手術をしました。
しかし、その後も症状は改善せず、同じように化膿していました。母は化膿したら自分で膿を出すからもう手術はしないと言っていました。
そこで母に「クリームを塗ったら手術の糸が出てきたというお客さんがいたから、塗ってみたら」と勧めました。
化膿したときも、このクリームを塗ると化膿が早まって、膿が早く出て楽になるということだったので、「ガーゼにクリームを塗って、押さえていたら」と言いました。
それから1週間ほどして、本当に黒い糸の塊のようなものが出てきたそうです。腐ったような、黒い何かわからないようなものが膿と一緒に2〜3個出てきたというのです。それ以来、もう何年も化膿していません。本当に不思議な話です。

◎株式会社エクシート(高田社長へのインタビューはこちらです)
長崎県松浦市御厨町西木場免268−3
TEL:0956−75−2941

◎高田千草さんの体験談
『ビワと健康』  2021年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > お客様が実感されたアトピーの改善
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。