肝細胞ガンの数値が改善

長崎県松浦市 螢┘シート 高田千草 代表

私のいとこ(69)が末期の肝細胞ガンと診断され、余命1ヵ月の宣告を受けたのは今年5月9日のことでした。

病院に付き添った弟さんから相談を受け、ビワ療法を中心にした自然療法の取り組みをアドバイスしましたが、当初は自暴自棄に陥っている様子でした。

6月1日、『最後のお別れを・・・』と思って九州に住む身内が皆でお見舞いに訪ねました。
道中、「なんて声をかけていいか分からないね」と誰もが神妙な面持ちでしたが、いざ本人と会って驚きました。
声に張りがあり、カラオケで歌うし、エレベーターを使わずに階段を降りるし。
病院から「もはや手の施しようがない」と言われて退院したと聞いたけれど。

思わず私たちは顔を見合わせ「余命1ヵ月って言われてたんだよね」と小声で言葉を交わし、皆の前だからカラ元気を振っているのかなと思いました。
そうではなく、本当に元気になっていたのです。
後日、病院の検査では前回20,000だった腫瘍マーカーの数値が500まで下がっていたそうです。

いとこが体調を崩したのは今年2月頃でした。
ピザを食べた後、お腹が急に膨れ出し、異常を感じて受診したところ肝細胞ガンが判明したのです。
ほどなく抗ガン剤治療が始まり、月1回九州から足を運ぶ弟さんから相談され、私はビワの種やビワのお茶、ビワクリーム、ビワ温灸などを勧め、同時にビワ療法や自然治癒力に関する本、月刊「ビワと健康」のコピーなどを手渡して「こんな改善結果が出ているよ」と伝えました。
ビワの果実を沢山送ったそうで、私も粉末タイプのビワの種を送りました。

当初、いとこは「もう送らなくていい」と言っていました。
しかし、私たちが家を訪ねた際にはビワの種が台所のざるの中にあり、ちゃんと試していてくれていたことを知り嬉しくなりました。
ビワの果実を食べ、生の種や粉末の種も食べ、さらには遠赤外線のビワ温灸で徹底的に体を温め、食事の改善にも取り組むようになっていったのです。
いとこの職業は神父さんで、独身です。自炊をしていても簡単に済ませることも多かったと思います。
塩や砂糖、アルミ鍋など体に悪そうなものは身内が処分し、食事は野菜中心に変え、野菜スープも毎日作って飲むようになりました。

私は弟さんに「抗ガン剤はなるべく避けた方がいいですよ」と助言し、実際1、2回やって止めたようです。
6月の検査時、腫瘍マーカーの激減を目の当たりにした担当医は「自分が医者になって、これほど劇的に改善した患者さんは初めてです」と驚いたそうです。
ビワ療法の取り組みは伝えていないので、抗ガン剤の効果と思い込み「やはり続けませんか」と再開を勧めてきたといいます。
いとこは定期的に検査を受け、順調に推移してきた様子です。それでも停滞する時期があるようで9月に数値が1,000まで上がり、医師も勧めるものだから不安になって「抗ガン剤治療をしようかな」と口にしたそうです。
私は「あまり神経質にならず、もっと自然療法の知識を得てそちらを続けていった方がいいですよ」と弟さんを通じて伝えました。
あまりに元気なので周りからは「奇跡みたい」とか「病院の診断間違いだったんじゃないの」と言われているそうです。
近日、快気祝いが予定されているのでビワ療法の継続を改めてお勧めしたいと思っています。

胃ガンが消滅!

もう一例紹介します。
今年8月に主人の友人が胃ガンと診断され、肝臓かどこかにも腫瘍があって定期と告げられたのでした。
いとこの件の後だったので、その方にもビワの種をお勧めしました。

奥様が一生懸命ビワ療法の勉強をされ、熱心に取り組んだ結果、1ヵ月ほどで腫瘍が完全に消えてしまいました。
医師は驚き、「どちらか病院を変えられましたか?」と尋ねたそうです。
ビワの種は相当の量を飲んだそうですが、奥さんは「暫くビワの種は続けてもらいますよ」とご主人に話しておられるそうです。
余命宣告を受けて絶望されている方などにはビワの種で改善した例は希望を与えると思います。

◎株式会社エクシート
長崎県松浦市御厨町西木場免268−3
TEL:0956−75−2941

◎「株式会社エクシート」に関する体験談
『ビワと健康』  2018年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肝細胞ガンの数値が改善