低温火傷、水虫にビワエキス

神奈川県横浜市 たんぽぽマッサージ治療室 滝本寛子 代表

低温火傷の女性(93)の改善例が印象的だったのでお伝えします。

太股の側面でした。カイロを直接貼ったわけではないのでしょうが、おそらく皮膚が弱かったのでしょう、かなり大きな水泡が出来ていました。

「どうすればいい?」と尋ねられたので、ビワエキスを塗布することをお勧めしました。

彼女は元々ビワエキスの愛用者でした。全身どこでも、顔にでも塗り込むのを習慣にしているような方だったので全く抵抗はなかったようです。
「水泡は破れるからガーゼのようなもので拡がらないようにして下さいね」
そうアドバイスしました。

水泡は破けて、低温火傷なので内出血したような黒い痕が残りはしましたが、1週間ほどで皮膚は修復したとのことでした。
驚くほど早い改善でした。彼女とは対照的だったのが、同時期、お湯で太股に熱傷を負った女性でした。
その女性も同様に高齢者で、やはり水泡が出来て破れました。違ったのは病院にかかって火傷治療を受けたことです。

低温火傷と熱傷の違いはあります。また、糖尿病というリスクもあって医師が慎重を期したことは想像できますが、1日2回看護師の訪問があり、治癒までに1ヵ月を要しました。
いつまで経っても治療が終わらず「まだ治らないんですか?」と痺れを切らした話を聞きました。

一方、前述の低温火傷の彼女はうっかり再び水疱を作ってしまいました。そのときは手際よくビワエキスを塗り、ご自分で治してしまいました。
お二人を比較し、改めて『ビワエキスは凄いな』と実感します。
皮膚疾患にビワエキスが効果的であることは以前、私の母を通じて確信を得ていました。

私の母は現在89歳、やはり高齢者です。昔から皮膚が弱くお医者さんのお世話になり、ステロイド剤などを塗っていました。
皮膚病の一種だと推測しますが、体のあちこちに水泡が出来て手に負えなくなってしまいました。
そんな姿を見かねて「私に任せてくれる?」と尋ねると「うん、分かった」と二つ返事でした。
さすがにもう嫌だったようです。根治には至らず、何度も何度もぶり返す対症療法的な治療が。
水泡が破れると結構な量の液が出るのでガーゼパッドで含め取りながら、とにかくビワエキスを塗り続けました。
母の場合は、ピンク色の真皮が現れてきて早い修復をみたのでした。

ほかに水虫が改善した女性(59)もおられます。
この方の水虫は乾燥タイプで片足の半分くらいがカサカサになっていました。
ビワエキスはアルコール抽出なので染みると仰っていましたが、2週間ほどで進行が収まり、徐々に範囲が狭くなっていき、2ヵ月経つと水虫の存在を忘れるくらいに改善しました。
日中は足の指の股に綿棒で直接塗ったり、夜はお湯にビワエキスを混ぜて足を浸けたり、根気強く続けられました。

症状の見極めが重要ですが、ビワエキスは多くの皮膚疾患で威力を発揮しているので試してみるとよいと思います。

◎たんぽぽマッサージ治療室
神奈川県横浜市港北区師岡町926−1−106
TEL:045−546−2284

◎「たんぽぽマッサージ治療室」に関する体験談
『ビワと健康』  2018年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 低温火傷、水虫にビワエキス
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入