遺伝性乳ガンのケアに活用

横浜市港北区 たんぽぽマッサージ治療室 滝本寛子 代表

当治療室ではマッサージとともにビワ温灸や気功を組み合わせた施術を行っています。最近はガンの患者さんが最も多くなり、必然的にビワ温灸を多用するようになりました。

ビワ温灸の施術は基本的に遠赤外線の温灸器を用います。ガンの方は、頻繁にビワ温灸を行うことが重要なので、温灸器を購入し、ご自宅でも当てている方がおられますが、私は手軽な方法としてコンニャク湿布をお奨めしています。

市販のコンニャクを10分ほど茹でて、熱々の状態でタオルにくるみます。とても熱いので初めはタオルを二重、三重に巻きます。
身体にビワエキスを塗り、その上に置いて、少しずつ場所を移していくだけなので簡単です。
ビワの生葉を使うのも良いのですが、エキスの方が手軽です。段々ぬるくなっていくのでタオルを減らして調整すれば、大体、30分くらいは出来ます。
私はこの方法を”ビワコンニャク”と呼んでいて、特に乳ガンの患者さんは殆どの方が実践されています。

ビワのコンニャク湿布を活用

ビワコンニャクは、毎日が基本です。そうすると、抗ガン剤治療や全摘手術をされた患者さんが多いのですが、再発がなく、検査の数値も良くなるのです。
一例を挙げると、遺伝性の乳ガンの女性(50代前半)がまさにそうでした。

彼女は、お母様を亡くされ、遺伝子検査も受けています。初めて来られたときは、自分には遺伝子があるということで悲壮な表情をしておられました。
遠赤外線のビワ温灸とビワコンニャク、気功を組み合わせた施術を続けて3ヵ月が経った頃でした。
やはり遺伝的な要素が強いのでしょうか、全適した胸に再びシコリが出来ていました。
担当医は悲観的で、「これはかなりの確率で悪性だろう」と仰ったそうです。
当時、彼女はご自宅でも毎日ビワコンニャクをやっていました。「これ、何ですかね」と聞かれて、私は「ビワコンニャクをやってて悪性のわけないですよ」とお答えしました。
検査の結果は良性でした。医師は、驚いてエエーッと意外そうな声を挙げたそうです。
「良性だったのなら取らなくていいんじゃない」
そう助言しましたが、大事をとって摘出を勧める医師の言葉に従おうとする彼女に『何で切るの?』と心の中で呟きました。

とはいえ、ご本人としては怖かったようです。遺伝子検査までした方ですから、今度は子宮に転移するのではないか・・・とか、まだまだ不安があったと思います。
彼女が初めて来られてから10ヵ月になります。
当初はネガティブ思考でしたが、今ではとても元気になられ、このまま行けば転移はないだろう、という確信を持っておられます。
確信の源は体調が良いのはもちろんですが、ビワコンニャクという戦う武器を得たということでしょう。
病院とは違うやり方を見つけたという感覚だと思います。抗ガン剤も一切やりたくないと言われ、非常に強くなられました。

彼女が前向きに変わった転機は、良性のシコリを摘出した辺りからです。
良性だったことがビワを信じ実践していく確信に繋がったと仰っていました。
彼女は家庭菜園をしていて、ご自分で梅干を漬けるなど食生活も見直されています。
農作業で肌はこんがりと焼け、週3回ジム通いをされているので、誰の目にも健康的に見えます。
ただ、私が危惧したのは遺伝子検査を身内もされていて、妹さんは彼女に輪を掛けてネガティブな方だということです。
まだ生理もあるときに子宮も卵巣も自主的に取ってしまったそうです。
アンジェリーナ・ジョリーに触発されてか、怖いから、嫌だから、という理由で全摘してしまったそうです。
そういう妹さんがいて、『子供に遺伝しないだろうか・・・』とか、まだ不安定要素が眠っているのですが、今は彼女を支えているのはビワコンニャクです。
ビワ療法を通じてガン治療に対する考え方は着実に変わってきています。

咽頭がんの腫れ抑制

ステージ犬琉頭ガンの男性(69)は、ビワ温灸器を購入し、ご自宅で奥様がケアされています。

沖縄に住む息子さんが、近隣にあって訪問マッサージが受けられることをインターネットで検索し、うちを知ったとのことでした。
この方はビワコンニャクやサトイモパスタなど色々試してみた中で、一番気に入られたのがビワ温灸だったのです。
この方の訪問医は、ステージも高く、血痰が出るなど怖い要素もあるので緩和ケア病棟に入ってもらいたい気持ちが強いようですが、男性が拒んでいました。

症状としては、首に膿溜まりのような腫れがあって患部がドンドン拡がっていくことで気管を圧迫して苦しくなる状態が続いていました。
その部位に毎日ビワ温灸を施すと呼吸がしやすく、楽になるのです。家庭でやっているので「こんなので良いのでしょうか」と問われますが、彼の場合は治すというより、少し楽になるということが大きな心の支えであり、信頼をして頂いています。
気管も切開していて声を出すことも出来ませんし、本当に末期でかなり厳しい状況ではありますが、ビワ温灸が拠り所で、今はそれが支えです。
「医者なんかいいんだ。緩和ケア病棟には行きたくない。これでダメだったら、それまでだよ」
そう仰る男性は、血痰も出て苦しいけれど、家に居て自宅で最期を迎えたいと考えておられるようです。
これからが本当に大変だと思います。
実は私自身、在宅で主人を看取っています。そのとき用いたのがビワ温灸であり、気功だったのです。これは在宅で看るうえで本当にサポートが出来ます。

ガンは末期になると、何のガンであれ、施術の方法はほぼ一緒です。
どんな方でも、スタートはビワコンニャクを使って腎臓から温めます。腎臓を温めてから施術を始めると気や血、リンパの流れが全く違います。
うつ伏せで腎臓にビワコンニャクを載せ、そのままでビワ温灸を背骨に沿って当てていきます。
その後、乳ガンなら胸の患部に当てていくのです。肺ガンも同様の位置です。
そういう事情から当治療室の冷蔵庫はコンニャクだらけです。一つで3〜4回は使えますから個別に包んで名前を書いて保管しているわけです。

ガンだけではありません。とにかく腎臓を温めておけばドンドン流れていきます。
どんなに頑固な肩こりも腎臓からです。不思議ですが、そうなんです。
話を戻すと、この男性の場合、初めて医師に同意書をもらって保険診療で週2回訪問しています。
彼が緩和ケア病棟を拒み、どうしてもビワ療法がいいというものだから、医師が様子を見に当治療室を訪ねてみえたのです。
「僕は放射線治療を始めたいんだけど、患者さんがどうしてもビワがいいと言うものだから・・・」
そう、仰っていました。
その時は、たまたまビワ温灸の施術中でした。
医師は、その患者さんに「これは気持ちが良いものですか」と質問されました。返ってきた言葉は「唯一、痛みを取ってくれます」というものでした。

もちろん、訪問の枠はマッサージとしてですが、医師がわざわざ見学に来られ、冷静な判断のもと医師、看護師とともに訪問ケアのチームの一員として加えて頂けたこと自体、非常に珍しい例だと思います。
訪問医なので受け皿が広い面もあるのでしょうが、本当に患者さんのことを考えておられる方だと感じました。
治療の主役は、あくまで患者さんです。こういうケースが増えていくことを期待しています。
こうした経緯もあって、着実にビワ療法の希望者は増えています。

◎たんぽぽマッサージ治療室
神奈川県横浜市港北区師岡町926−1−106
TEL:045−546−2284

◎「たんぽぽマッサージ治療室」に関する体験談
『ビワと健康』  2017年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 遺伝性乳ガンのケアに活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入