卵巣嚢腫のケアに活用

東京都中央区 氣功サロン 六角庵 森田弘章 庵主

昨年1月初旬、「卵巣嚢腫の疑いがあるから・・・」と尋ねてみえた女性(28)は、それまで病歴はなかったものの一昨年12月頃から腹痛を覚えるようになったとのことでした。

一度だけ施術し、その際に食生活の改善などアドバイスさせて頂きましたが、それ以降しばらく来られませんでした。
あとで分かったことですが、うちに来られた直後に病院を受診し、やはり卵巣嚢腫と診断されたとのことでした。
MRIを二度撮り、右に20センチ、左に8センチの腫瘍が出来ていることが判明。
PET検査では悪性と言われ、腫瘍マーカーが高かったことから昨年1月下旬に手術、右側の嚢腫を取ったとのことでした。

当時の彼女は人間関係でストレスが多く、体には冷えがあり、統合失調症のような状態にあったそうです。
再びうちに来られたのは、昨年9月初旬で半年以上経っていました。
半年過ぎても手術痕がズキズキと痛み、残っている左の嚢腫も気がかりでストレスを感じているとのことでした。
冷えについては、体温自体は36℃台ながら手足の抹消に冷えを自覚し、割と多いケースですが精神的な問題が起因しているように感じられました。
ビワ温灸を受け、ビワの種を飲むことで「非常に楽になりました。今後も続けていきたい」と言われています。
ビワ温灸は基本のツボを一通りと仙骨周り、背中、腰(次リョウの周辺)などに当てていきました。
冷えについては、「湧泉」や「三里」、「太衝」などに当てていますが、「良くなっていっている」と言われます。

統合失調症にも

統合失調症で来られた女性(41)は、看護師さんです。

色々な病気をし、最終的にこの病名を告げられたそうですが、それ以前には甲状腺の病気で難病とされる橋本病になり、さらにはパニック障害で精神科に通っていたり、最近うつと診断されたとのことでした。
感覚過敏になって認知の混乱、気の状態の悪化、時間の感覚が分からなくなる、現実感がないなどの症状が3〜4年前からあり、気功やヒーリング、レイキなど色々行ってみたけれど結局改善しなかったとのことでした。
多次元に入った感じで、人のエネルギーが入り混じってしまい、幽体離脱したりするのだそうです。

病気がひどくなって夜勤も止めていますが、「同僚の看護師とは話が出来ない。皆、同じ症状だから」とか「院長先生もそうだ。あの病院はおかしいんだ」とも話しておられました。
病院には多くの患者さんが負のエネルギーを持ち込んでくるので負のサイクルに陥ってしまうのです。
薬は抗うつ剤のみ服用し、他には漢方やビタミンCを摂取しておられました。
手足の冷えがひどく、集中力がない、やる気が出ない、だるい等の症状に対して、催眠療法やイメージ療法を用い、もちろんビワ温灸も施していきました。

まず体を温める必要性を感じたので基本のツボと共に腹部には繰り返し、入念に当てていきました。
彼女は反応がよく、「体が温まって落ち着きます。よく眠れます」と喜ばれ、徐々に改善が進んでいます。
ビワ温灸を行うと皆さん一様に「良く眠れる」と言われます。
睡眠の改善は様々な症状が好転するうえで重要なポイントになっていると感じます。

生理痛が軽減

また、仙台在住の生理不順の女性(30代)は、ビワ温灸器を購入して帰られました。
うちで1回施術を受けただけでかなり楽になったらしく、自宅で当ててみますと言われました。
後日、メールが入り「生理痛がすごく軽くなりました」とのことでした。

◎氣功サロン 六角庵(ご紹介はこちら
東京都中央区勝どき2−18−1−811
TEL:03−6204−2746

◎「氣功サロン六角庵」に関する体験談

『ビワと健康』  2017年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 卵巣嚢腫のケアに活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入