五十肩の痛みが軽減した!

東京都中央区 氣功サロン六角庵 森田弘章 庵主

丸の内の会社に勤務する中間管理職の男性(48)は、今年4月に配置転換があり、責任を任される環境の変化の中で右肩に異変を覚えるようになりました。

整形外科の検査では異常は見つからず、肩関節周囲炎、いわゆる五十肩と診断されたそうです。
その後も整体や鍼灸などの治療を受けたものの痛みは取れず、次第に症状が重くなり、趣味のゴルフが出来ないばかりか7、8月頃には激痛で夜も殆ど眠れず、主たる仕事のパソコン業務にまで支障をきたすようになったのでした。
男性曰く、「5年前から前ぶれがあり、初めは左肩に鈍い痛みが出てきて、昨年の暮れ辺りから徐々に右肩に移行し、今年4月入って本格的に酷くなっていった」とのことでした。
9月初旬、耐え難い痛みに切羽詰まった様子で電話をかけてこられ、うちの施術内容に対して事細かに質問されました。

私が「やってみないと分かりません。ただ、実績はありますよ。痛みにも即効性がありますし、一番お勧め出来るのは副作用がないことです」とお伝えすると、訪ねてみえました。
適切な施術を行うには問診が重要で、私はダウジングという方法を用いて症状の原因を見極めていきます。
人によっては心にトゲが刺さり詰まりを起こして病因を作っています。特にトラウマなどは本人も気づかない事柄が潜在的にあって、症状の核心になっていることがあります。
この男性の場合はトラウマ的な要素はあまり見られず、主因として仕事上の環境の変化と電磁波の蓄積が影響を及ぼしていることが判明しました。

右腕の可動域を確認するため私の肩に右手を載せるよう指示しても90度以上は上がらず、私が手を持って載せてみるも痛みが強く大変な有様でした。
ビワ温灸は、本人に右腕を動かしてもらって気になる部位を確認しながら重点的に当てていきました。
首周りの「ア門」「天柱」から「肩井」「肩ビュウ」「臑ユ」、「巨ケツ」「中府」、背面の肩甲骨の際など周辺部を含めて入念に施術していきましたが、痛みは体の前面に強く出ていました。
また、腋の下の筋肉部や腕の側面の「肩グウ」のツボも痛がり、そこには今も重点的に当てています。
西洋医学では鎮痛剤などを処方するだけで根本的な治癒に至らないばかりか、むしろ薬の副作用が体に負担を掛けるという理由で、この男性は薬を飲まないようにしていました。
とはいえ、どこに行っても痛みは取れず途方に暮れていたわけです。

初めてのビワ温灸で好感触

初めてのビワ温灸は熱の通りが良く、私は改善に向かう感触を得ました。
本人も施術後、良さを感じたようでした。
3日後、2回目の施術で来られたときはニコニコしておられました。
「先生、凄いですよ。お陰様で、肩はまだ上がらないけど、でも、最初の痛みとは違います。数ヵ月ぶりに朝までよく寝れました」
体調が良くなると人は雰囲気に出るもので、良い笑顔になっていました。
3回目には、右肩にバッグを掛けて入ってきたので「あれ、大丈夫なの?」と尋ねると、無意識だったらしく「大丈夫みたいですね」と驚いた表情でした。

こんな調子で施術を重ねるたびに改善が進み、右腕の可動域が拡がるとともに痛みの質がズキーッという感覚からジワッとした感覚に変化していきました。
短期間での劇的な改善はとても不思議に感じられたようで「なんでですか」とあれこれ質問されました。
この男性は冷えもあり、体温は36度あるものの手足の末端が冷えていて、血圧も低めでした。
5年前に結婚し、同時期から玄米食も始めておられますが中途半端で、うちに通い始めたのを機に食を中心とした生活の改善にも本腰を入れ始めておられます。

◎氣功サロン 六角庵(ご紹介はこちら
東京都中央区勝どき2−18−1−811
TEL:03−6204−2746

◎「氣功サロン六角庵」に関する体験談

『ビワと健康』  2016年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 五十肩の痛みが軽減した!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入