氣功サロン六角庵

東京都中央区勝どき2−18−1−811 TEL:03−6204−2746


かつて休む時間を削って仕事に趣味に没頭してきた森田弘章院長は、突然、病に倒れ、人生の方向転換を余儀なくされた。

病気を克服する過程で気づきを得て、治療家という新たな道をスタート。
持ち前のチャレンジ精神を発揮し、体当たりで本物といえる各種療法を次々と修得し、独自の六角療法を確立した。

その主軸の一つをビワ療法が担っているという。話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    医療とは無縁の仕事をしていましたが、不規則な生活リズムや乱れた食事などがたたり脳梗塞で倒れてしまいました。
    家族や周りの人に支えられながらリハビリに取り組む中で気功と出会い、目に見えない不思議な力に興味を持ち、全国の著名な先生を訪ねて回りました。
    直伝レイキ、本間キネオロジー、催眠療法、TFT(タッピング療法)等々を修得するうちに自らが癒されたことに感謝し、その恩返しとして身をもって体験した良いものをお伝えしていくことに尊い意義を感じて、それを機にこの道を歩む決意をしました。

  • 施術の特長は?
    病気の原因には生活習慣や食事の問題が挙げられますが、同時に心の問題も大きなウエイトを占めています。
    幼少期からのトラウマが心のトゲとして残っているケースは少なくなく、気功やTFTを用いてアプローチするのは当院の特長だといえます。

  • 施術の流れは?
    まずはカウンセリングで本当に治りたいという意思を確認させて頂き、ご納得頂いてから施術に入ります。
    振り子を用いるダウジングで病因を把握し、施術の方法を決めていきます。
    気功、ビワ温灸、パルス磁気が基本的なセットになりますが、心の問題に起因する場合はTFTで主因の改善を図り、他の療法を併用していきます。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    お客様の話で興味を持ち、森下敬一先生のところで開かれている講習会に参加して導入しました。
    当初は棒もぐさのみの温灸でしたが、最近は遠赤外線の温灸期も使用しています。
    副作用がなく、体を温め、気持ちが良く、温灸後に気功を施すと気の流れが非常に良くなるのが大きな利点で、外的な施術での主軸を担っています。

  • 改善例は?
    肩や腰の痛みをはじめ坐骨神経痛、ヘルニア、膀胱炎など沢山ありますが印象的だったのは躁鬱病と診断され、1年以上通院して薬を常用していた女性が、実際は躁鬱病ではなく、むしろその服薬による副作用で症状が出ていた例です。
    ビワ温灸の心地好さ、癒しの効果によって薬を止めることができて改善しました。

  • 取り扱っている商品は?
    ビワ療法に関連するもの以外では、EM菌や玄米酵素など私自身が用いて特に良かった健康補助食品等を吟味、厳選して取り扱っていますが、興味を持たれた方にお奨めする程度です。

  • セミナー等は?
    近日中に開始する予定です。
    施術も大切ですが、健康の基本は食事にあるので本物の水や塩、油を摂取する必要がありますし、玄米酵素を使った料理法などもお伝えしていこうと思っています。

  • 信条を一言。
    一人でも多く、病気で困っておられる方の健康回復のお手伝いをさせて頂くこと、それが私の信条です。

◎「氣功サロン六角庵」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 氣功サロン六角庵
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入