アトピー性皮膚炎が改善

熊本県熊本市 虹のガーデン 杉原健 院長

アトピー性皮膚炎で4年前から通っている女性(22)の改善の経緯をお伝えしたいと思います。

彼女が初めてうちに来たのは18歳のときでした。殆ど全身にアトピーの症状が出ていて、人に会うのが嫌ということで仕事もしていませんでした。
うちに来られていたお客さんの親戚で、「どうにか出来ないものでしょうか」と相談を受けたのが、施術を始めるきっかけとなりました。

当時、彼女が特に気にしていたのは顔です。
顔全体がカサカサして、黒っぽく色素沈着した感じで、表情が暗いこともあってなおさら暗い印象になっていました。
人と会って話をすることが苦痛でひきこもり状態に陥っており、私とも初めのうちは会話が難しかったのを覚えています。
アトピーの発症は幼いころからだったようです。色々治療をしたけれど改善せず、もはや諦めて何もしていない様態でした。
全身痒いのですが、特に背中や腰がひどく、掻きむしり続けて睡眠も阻害されていました。
ビワ温灸の施術ポイントとしては腸を考え、お腹と腰を重点的に当てていきました。
もちろん、ビワ温灸を始めたからといって痒みが直ぐに改善されるわけではありません。

患部への直接的な対処として、アルガンオイルの塗布を勧めました。
アルガンオイルはアルガンという木の実を絞った天然のオイルです。必ずしもこのオイルに限定するわけではありませんが、浸透率を考慮すると最適に感じられ用いてみたのです。
目的は、保湿と掻き傷を塞ぐことです。
掻きむしった部位が血が滲んでいる状態だったので、そのままビワエキスを塗るとなると染みてしまいます。
アルガンオイルは美容目的に顔にも良く使われています。

アルガンオイルとビワエキスを併用

一般的な感覚では化粧水を塗ってからオイルを塗るイメージが強いかもしれませんが、実はオイルを塗ったうえから化粧水を塗った方が成分の浸透が良いらしいのです。
彼女は1日中家に居ましたから、うちでは週1回ビワ温灸を受け、自宅では1日に4回でも5回でも、毎日可能な限りアルガンオイルを塗ってからビワエキスを塗るようにしてもらいました。
お風呂上りに1回塗る程度では到底足りなかったのです。
せっせと塗り続けるうちに徐々に肌に変化が見られ、痒みも収まってきて夜きちんと睡眠が取れるようになっていきました。
自分自身が一番よく分かることでしょうが、かつての状態に比べると全く違います。

やがて自信もついてきたようで外出が出来るようになり、去年の春からはパートで仕事にも行けるようになったのです。
それでも、良い方向に行き始めたなと感じるまでは、1年ほどかかりました。
ずっと家にいた間は、あまり動くこともなく、甘いものが大好きということもあって太っておられましたが、働くことで代謝が高まり、体重も10kg弱落ちたのでした。
動くようになったことと、食べる時間が定まってダラダラ食いが解消されたのが減量に繋がったように思います。
表情も明るくなり、現在はとても良好な循環に入っています。

私の見解ですが、ビワエキスとの組み合わせはクリームよりオイルが適していると感じています。
うちではフットケアも15年くらい行なっていますが、足のかかとのひび割れた状態が市販のクリームではなかなか改善しない人たちに対してオイルを用いて改善を図ってきました。
クリームも素材によるのでしょうが、皮膚に馴染みにくいものが多いようです。
オイルを2週間くらい使っていくと改善することに気づいたのです。
ビワエキスとオイルの組み合わせで対処できるケースは結構あると思うので上手に用いられることをお奨めします。

◎虹のガーデン(ご紹介はこちらです。)
熊本県熊本市近見町3−12−50
TEL:096−324−5589

◎「虹のガーデン」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アトピー性皮膚炎が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入