抗がん剤の副作用を軽減

熊本県熊本市 虹のガーデン 杉原健 院長

胃ガンの女性(30代)は昨年はじめころ全摘手術をされました。

すでに転移しているのはわかっていたそうで、手術後は2〜3週間ごとに抗ガン剤治療を続けておられる状態でした。

抗ガン剤の副作用は辛く、意識がボーっとするばかりか吐き気や体のだるさを訴えておられ、胃をすべて取ってしまっているうえ夏は猛暑だったので、そうした事情を考慮して訪問での施療を行いました。

手術が終わった当初から『自分の体にはビワが合っている・・・』と感じていた彼女は、病院が勧める『しばらくは入院』の見解には同調せず、すぐに帰ってきて体力の改善に努めたのです。
私は毎日通ってビワ温灸をメーンにした施療を続けましたが、ビワ温灸を行うと明らかに抗ガン剤の副作用である吐き気や体のだるさといった症状が軽減され、「抗ガン剤投与後の体力の回復が早い」と喜ばれました。

実際、私の知る患者さんは抗ガン剤で随分苦しんでおられました。個人差があるにせよビワ温灸を併用している彼女は元気ですし、代表的な副作用である脱毛も軽く済んでいます。

乳ガンにもビワ温灸

乳ガンで10年前に左側の乳房を切除されている女性(90)はビワ療法の良さを知っておられ、かつてご自分でビワ葉を使った温灸やコンニャク湿布などもしておられたそうです。

しかし、良くなって安心し当てなくなっていたのです。10年経ち、今になって再発し、かなり動揺して病院で治療を受けたのですが、薬が合わず怖くなってしまったのです。

胸の部分に痛みが出て、背部にも響くようです。病院では手術を勧められたそうですが、無論、年齢的に体力が持つかどうかといった心配もあるのです。
『どうしよう、どうしよう』と不安でいっぱいの中、『そうだ、自分にはビワがあった』と思い起こし、施療を求められたとのことでした。

週2回の施療ですが、それ以外の日はご自分で温灸器を用いて手の届く範囲をコツコツ当てておられます。
ビワ温灸を行うと必ず痛みが消え、ほかにも足のむくみがスーッとひき楽になるのです。

お一人暮らしで不安を抱えておられるため施療の際はお話にもしっかり耳を傾け、心のケアもさせて頂いています。
「気持ちが楽になった」とおっしゃられ、心身ともに改善の兆しが現れている状態です。

◎虹のガーデン(ご紹介はこちらです。)
熊本県熊本市近見3−12−50
TEL:096−324−5589

◎「虹のガーデン」に関する体験談
『ビワと健康』  2011年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 抗がん剤の副作用を軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入