膠原病の改善を後押し

熊本県熊本市 虹のガーデン 杉原健 院長

膠原病の改善を願って訪ねてみえた女性(50代)は、この病気特有の皮膚が硬くなる強皮症や極度の疲労感、喉のつかえといった症状を訴えておられました。

病院ではステロイド剤が処方され、服用した時期もあったそうです。しかし、強い薬だけに副作用に対する恐怖心が拭えず、病院通いを止めてご自分で自然食品を摂っているとのお話でした。

体型的にも痩せていて病弱という印象の強い彼女でしたが、実際、家から一歩も出られない期間が半年間あったそうで、そのときより多少状態は良くなってはいても、やはり外出は辛い状況にありました。

ビワ療法についてはご存知だったので、びわ温灸とフットケアを交互に行なうことにしました。
それというのも、全身の皮膚が硬くなっていて、とりわけ足裏がひどかったからです。

拇指丘や踵など地面と接する部位はもちろんのこと土踏まずまで厚い皮に覆われて、足裏と地面との隙間に何かが一枚挟まっているような違和感があり、ご本人曰く「宙を歩いている感じ」だったのです。
これまで十数年フットケアを行なってきましたが、膠原病によるものは初めてで、果たしてうまく効果が得られるものなのか一抹の不安がありました。
ご本人の要望もあって角質取りを足裏全体に施しつつ、日を変えてビワ温灸を交互に行いました。
びわ温灸は全身に行ないました。足裏より、むしろ腹部や腰部に入念に当て、免疫力を高めることを意識しました。
フットケアの成果は如実でした。回を重ねるごとに足裏は柔らかくなり、10回足らずでほぼ通常の人の皮膚になりました。
初めのうちはビワ温灸を一日置きに当てたことも、改善を後押ししたと思われます。

また、腹部や腰周りへのビワ温灸では反応がよく、ご本人も「すごく気持ち良い」と喜ばれました。
うちに来られて1年が経過し、最近は週1回のペースで通っておられますが、もうフットケアは必要ありませんし、とても元気になられて福岡まで好きなアーティストのコンサートに行かれるなど、充実した日々を送っておられます。

婦人科系疾患を誘発

うちでは各種施術を行なっていることから女性の方が多く訪れます。

人が集まれば必然的に体の不調を訴える方も出てきます。生理痛などは女性によくある悩みの一つです。
生理痛には、やはりビワ温灸が有効です。
婦人科系の症状は下腹部や腰の周りが施術のポイントですが、それに加えて内股(内転筋周辺部)が効果的に感じます。
これらのポイントにビワ温灸を多壮すれば、当てている内にも痛みは軽減していきます。
生理痛で悩む方は、ぜひビワ温灸を試して頂きたいものです。

それから生理痛や生理不順、子宮頸ガンなどでは、使用する生理用品が発症を誘発している可能性があることも理解して頂きたいと思います。
一般的に普及している高分子吸収材に疑念を抱く声が上がり始め、最近は布製のナプキンを使用する人が増えてきています。
昔のおむつ同様、取り扱いが面倒なこともあって敬遠する人もいますが、自然の素材を用いることで症状が軽くなることだってあるのです。
うちではイギリス製のオーガニックのコットンを用いた商品を取り扱っており、ビワ温灸との併用で、さらに改善されるケースも出ています。

とかく先進技術で生み出された手軽で便利なものは、リスクも内包しています。
その怖さを知る人は自然なものを求めるわけですが、残念ながら日本メーカーの反応はいつも遅いのが実情です。
これは腋の下の臭い消し、制汗剤でも言えることで、その多くは成分中に乳ガンを誘発する物質が含まれています。
アメリカなどでは、そうした物質が入っていない商品を求める傾向が強まりつつあります。

しかし、日本では未だに誘引物質入りの商品が有名化粧品メーカーで作られ、大いに宣伝・販売されている現状です。
うちでは自然のオイルとミネラル塩とミョウバンで作られた商品を取り扱っていますが、これで臭いは抑えられます。
ミョウバンは古代ローマの時代から用いられてきたそうで、自然のものが見直されているのです。
疑わしきものは避け体に優しいものを選択する。大切なことだと考えます。

◎虹のガーデン(ご紹介はこちらです。)
熊本県熊本市近見3−12−50
TEL:096−324−5589

◎「虹のガーデン」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 膠原病の改善を後押し
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入