激しい頭痛が劇的に改善

福岡県宮若市 杉みどり さん

長年、体の冷えと生理に連動して発症する激しい頭痛で苦しんできた女性(40)が、ビワ温灸によって劇的に改善した例を紹介させて頂きます。

この女性は10代後半から生理不順だったそうです。ただ、当時は『人より回数が少ないから楽』と気にしていなかったといいます。
24歳のときに卵巣嚢腫を患い、リンパ系のトラブルもあって、その頃から体の冷えを自覚するようになり、さらに生理に伴う頭痛に襲われるようになっていきました。

頭痛は、尋常なものではありませんでした。
まず肩が凝り、次に首が凝ってきて、さらに目に痛みが走りだし、そして頭痛が起こるのです。
その都度、鎮痛剤を服用しましたが、10代、20代は効いていたけれど次第に効きが鈍くなって色々な種類の薬を試すようになり、また、服用するタイミングでも効果の差が現れ、やがて少し遅いと全く効かなくなってきたのです。
そうなるともう、何をしてもダメです。頭に冷たいものを当てて痛みを麻痺させても2、3日寝込むことになります。
音もダメ、光もダメ、臭いもダメ。食べ物の臭いを嗅いだだけで吐いたり、下したり。飲まず食わずで暗い部屋に閉じこもって耐えるしかありません。

その話から精神的な原因もありそうな印象を受けました。
初回時、体温について尋ねると「35.2〜3℃です」との返事でした。確かにお腹は冷たくて硬く、手足も冷えていました。
脳外科にかかった際にも鎮痛剤と胃薬が処方されただけで、『私の病気は何なんだろう』と悩みが深まるばかり。頭痛は激しさを増し、生理時だけでなく、週1の割合で発症するようになったのです。
頭痛が始まると全く予定が立てられず、それどころか食事の支度や洗濯すら出来ず、痛みに耐え、頭痛が治まると溜まった家事をこなす日々だったのです。
また、朝が起きられません。ベッドの上で30分くらいボ〜ッとして、それから物凄く頑張って立ち上がる有様なのです。
こうして途方に暮れながら40歳を迎えたのです。

そんな深刻な中にあって、『ビワ療法が良い』という話を耳にされたのでした。
初回のビワ温灸は、当てる部位をお腹と腰に限定し、施療時間も20分程度に留めて様子を見ました。
彼女の体は温熱を受け付けず、温灸器のスイッチを「弱」にしても2〜3秒で「熱っ、熱っ」と体をよじり、のけ反るのでした。
スイッチを切り、余熱で当てるしかなく、ご本人にしてみれば心地好さは皆無だったと思われます。

3日後、2回目の施術では初回に比べると若干長く当てられました。
とはいえ5、6秒です。温熱の浸透は弱く、入る部位と入らない部位がきれいに分かれていました。
3回目で、少し長めに当てられる部位が増え、施術した箇所に赤みが見られるようになってきました。

食生活も改善して温熱が浸透するように

また、施術時に交わす会話の中で新たな問題点が浮上してきました。
食事についての意識が薄く、陰性の食物を好んで食べておられたのです。
お肉はあまり好まないとはいえ、朝はパンと生野菜、好物のフルーツは箱買いをするほどだったのです。
病院で食事指導はなく、私の話はまるで「目からうろこ」だったそうです。

真面目な方で、早速改善に取り組まれました。
胃腸が丈夫でないため玄米でなく分づき米にし、朝はパンからお米と味噌汁に、量も控えめに、と基本的な内容から始めました。
施術は週2回、3ヶ月を迎えた頃には温熱が浸透し、当てた箇所がピンク色に染まるようになりました。
体の軽い日がどんどん増えていき、生理時の頭痛はかつてのように寝込むほどではなく、「昨年と比べると全然楽です」と喜ばれました。
半年頃から週1ペースとし、さらには2週に1回で大丈夫になりました。
ご自分でも食事や運動など熱心に自助努力され、自分の体は自分でケアする意識が根づいてきました。
振り返ると、丸3ヶ月が過ぎた辺りが転換点だったように思えます。
お腹はまだ状態を尋ねながらの施術でしたが、後背部は「すごく気持ちが良いです」と言いつつ、リラックスして眠ってしまうようになったのです。
35℃台前半だった体温も最近では36.8℃あり、先日は「ちょっと熱いなと思ったら37.2℃ありました」とのことでした。
体温調節や五臓六腑の働きが弱っていたのでしょう。特に腎は如実で脚にむくみがありました。

ビワ温灸は全身に施しますが「腎兪」「湧泉」「脾兪」、そして仙骨の周辺は入念に当てるよう心がけています。
ビワの種(錠剤タイプ)を食べ始めたのも3ヶ月目からでした。1ヶ月ほどで「疲れ方が違う」とのことで、それも奏効しているように感じます。
かつての彼女の頭痛の異常さを示すエピソードがあります。
鎮痛剤をすぐ使い切るためお得用60錠入りを3箱まとめて購入していたところ、薬局店から「この人自殺するんじゃないか」と疑われ、ストップが掛かってしまったというのです。
薬依存生活から開放されたからこそ明かされた、笑えないエピソードです。
食事もきちんとしてる彼女は、肌つやもよく元気に過ごしておられます。

◎連絡先
福岡県宮若市山口2551−26
TEL:090−5483−2212

◎杉みどりさんの紹介記事(活躍する人たち)はこちらです。

◎杉みどりさんのその他の体験談
『ビワと健康』  2014年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 激しい頭痛が劇的に改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入