乳ガンの術後ケアに併用

京都府京都市 はり灸治療室リセラ 中純子 院長

当院はビワ温灸のみの施術はしていませんが、鍼やお灸、低周波等と併用することで定着しています。

ビワ温灸を併用した最近の改善例ですと、乳ガンの手術をされた女性(24)のケアで良い効果が得られています。

彼女は平成24年に左胸を手術されています。
幸い全摘ではなかったことは喜んでおられますが、彼女にとって一番の気掛かりは冷え症でした。うちのホームページをご覧になって来られたのですが、ビワ温灸に強く関心を持たれ、「とにかく全身をケアしてください」とのご要望でした。

彼女の冷え症は、乳ガンを発症する前からです。
特に手指の冷えが半端でなく、冬になると氷のように冷たくなって、両手とも全ての指がしもやけで赤く腫れ上がってしまうとのことでした。いくらケアしても、毎年しもやけになってしまうそうです。
うちに初めて来られたのは手術の翌年、平成25年の5月でしたが、24〜25年にかけての冬もひどいしもやけだったらしく、改善を強く願っておられました。ただ、手術をされた左手側はあまり鍼など打たないでほしいとのことで、控えるようにしました。

施術の手順は、まずうつ伏せの姿勢で肩、背中、脚に低周波を施します。
シルバースパイクポイントセラピーといって、10個の吸盤を体の各部位に取りつけますが、吸盤の内側には円錐形の突起があり、鍼同様にツボに刺激を与え、同時に低周波の振動も11パターンあって、クルクル変わって気持ちが良いのでなかなか好評です。
この低周波を行ないつつ、首の「天柱」や足首の「崑崙」には極細の鍼を打ちます。

また、低周波を外した後、コリが残っている場合にはそこに細いお灸を施したりします。
そして、仕上げにビワ温灸を肩から背中、腰、太股の裏まで当てていき、場合によっては脚にも当てたりしています。
途中で低周波の吸盤は位置を変えますが、背中側の施術はビワ温灸まで含めて30分ほど行ないます。
その後、仰向けの姿勢で「気海」「関元」「中極」など、低周波を施します。さらに時間的に脚が残るので、腹部の吸盤を移動させると、その箇所をビワ温灸で追っかけるようにして温めていくのです。

ちなみに吸盤が利きにくい箇所、例えば髪の毛付近とかアキレス腱の横など、また、手の「合谷」や頭の「百会」、眼精疲労は「目窓」、鼻詰まりは「上星」といった具合に要所要所には鍼を打ちますが、極細のうえに先が鋭く尖っていない痛みの柔らかいものを活用しています。
鍼、お灸、低周波、そしてビワ温灸を併用していますから、ビワ温灸単体でどれだけ効果をもたらしているかは判断できませんが、彼女は非常にビワ温灸を気に入っておられます。
彼女にとって最も大きな変化は、この冬は例年と違って手の冷えが殆ど見られないということです。
若干の赤みはあるものの昨年のような腫れは全くなく、明らかに冷えが改善し元気にお仕事をこなしておられるということです。

ビワ温灸の導入にあたり、私は自分で体験してみて心地好さにひかれましたが、毎回毎回楽しみにされている彼女の姿を見ることで心身両面の効用を感じさせて頂いています。

◎はり灸治療室 リセラ
京都府京都市左京区下鴨萩ケ垣内町19-1
TEL:080-3763-0222

◎「はり灸治療院リセラ」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンの術後ケアに併用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入