卵胞嚢腫が劇的に改善!

北海道札幌市 ナチュラルハンズ 清水真 院長

卵胞嚢腫と診断された女性(47)が知人の紹介で訪ねてみえたのは今年の1月19日でした。

半年前に発症したそうで、すでに2月12日には手術が決まっていました。
ところが、腹部(恥骨付近)の痛みが激しく、手術までの間、せめて痛みが抑えられれば・・・と施術を希望されたのです。

病院では鎮痛剤が処方されていましたが、夜はそれを飲まないと痛くて眠れず、毎日の服用を余儀なくされていました。
お話を伺うと8年前には子宮筋腫を切除しておられ、婦人科系が弱い方であることが分かりました。
彼女を紹介した知人は、たまたま劇症肝炎を患って苦しんだことがあり、ビワ温灸で痛みが緩和した経験を話したそうです。
それをもとに「じゃあ、私も痛みだけでも何とかしてもらいたい。やるだけやってみよう」ということになったそうです。

取穴は仙骨中心の「次髎」と腹部、「天枢」、特効ツボとしては「三焦ユ」から「脾兪」辺りまでを入念に施術しました。
ビワ温灸だけでなく、骨盤矯正も併用して1回目の施術が終わった時点で恥骨に現れていた痛みが消えました。
2回目の施術は2月に入ってからの予約でしたが、ご本人から「2、3日間は全く痛みがありませんでした」と電話が入ったのです。
1回目の施術でとても反応が良く、終了時に手応えがありましたから、「過去にも同様に手術を控えていて良くなった方がおられます。1月中にもう1回施術をしましょう」と説得し、さらに「体調が良ければ手術の日までに採血してみる価値があるのではないですか」とお話しました。

1月23日、2回目の施術を行ないました。予想通り痛みは全く出なくなりました。
当院では甲状腺の疾患や橋本病などの方も来られるので、各種検査機器を揃えています。
通常、病院では生化学による判断が圧倒的に多く、血液検査で良い結果が出れば手術を避けたり、他の治療法に変わったりすることがあります。
彼女を映し出したサーモグラフィーは、年に一人か二人くらいしか見られないほど健康な状態を示していました。
痛みもきれいに取れていたことからも『もしかしたら・・・』という感覚があり、出来ればしかるべき病院に行くか、それが無理ならセカンドオピニオン的に採血を行なえば良いのではと考えてお伝えしたわけです。

彼女はそのまま主治医を通じて検査を受けましたが、その結果、全く異常が見つからなかったのです。
これには主治医もとても驚かれたそうです。
もちろん彼女自身も手術はもはや確定事項で、まさか卵胞嚢腫がどうなるかなど考えてもいませんでしたから劇的改善に喜びも相当なものでした。
経過観察となり、痛みは全くないけれど予防の意味で彼女は定期的に施術を続けています。

ちなみに、この1ヶ月で彼女の紹介によって当院に来られた人は18人を数えました。
最後に、ビワ温灸の施術ポイントを挙げると婦人科系や膀胱系の疾患には「次髎」が有効で、「カクユ」から下に「下リョウ」までを10〜15分かけて繰り返し当てることをお勧めします。
仙骨周りのいわゆる八髎穴と呼ばれる部位は徹底的に当てます。
最近は体が冷えている人が多く、子宮筋腫や子宮内膜症は若い方にもみられ、、この部位にビワ温灸を施すと「足の先まで血流が行き渡るのが分かります」とよく言われます。
生理不順や整理痛でもよく当てています。ぜひ試してみてください。

◎ナチュラルハンズ(ご紹介はこちらです。)
北海道札幌市中央区北一条西24−4ー1 東光ストア2F
TEL:011−300−2377

◎「Naturalはんず」に関する体験談
『ビワと健康』  2013年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 卵胞嚢腫が劇的に改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入