視力回復の切り札的存在

北海道札幌市  Naturalはんず 清水真 院長


ビワ温灸による改善例は多岐に渡りますが、当院では視力回復など眼疾患での改善例が多く、最近は既成事実として眼に良いことを謳って施術に取り入れていますのでご紹介します。

ビワ温灸が眼に良いと確信する第一の根拠は、私自身の視力の回復、飛蚊症の改善にあります。

棒もぐさのビワ温灸を導入したのが2年前。当時の私は20代から低下し始めた視力に歯止めがきかず、右が0.045、左が0.075と相当に低い数値でした。

もはやコンタクトを装着することすら困難でレンズの分厚い眼鏡を着用していたのです。

とくに視力の回復のみを意識してビワ温灸を導入したわけではないのですが、様々な症状で改善例の多いビワ温灸はきっと眼にも良いだろうとの思いから取り入れ、まずは自分の眼に当て始めました。

取穴は、「四白」「陽白」といった眼の周辺や「風池」「天柱」など背面のツボを用いました。まぶた越し眼球にも当てました。
但し通常は眼球へのお灸は禁忌とされています。
ビワ温灸であっても棒もぐさの場合だと間接的とはいえ火を用いますから危険を伴います。
したがって眼をつぶり、まぶたから少し離した状態で棒モグサの先から放出される熱を伝えるように行ないました。

遠赤外線のビワ温灸器を導入してからは、注意を払いながらまぶた越しに直に当てました。
眼周辺へのビワ温灸は非常に気持ちが良く、施灸後は眼が冴えているのがよく分かります。
継続するほど眼のクリア感は増し、気がつくと確実に視力がアップしていくのです。

私の場合、視力は小刻みに改善に進み、2年が経過した現在では右が0.3、左が0.7まで回復し、コンタクトを装着できるようになりました。
お陰で、眼鏡もずいぶん以前に使用していたものが再び掛けられるようになるました。

飛蚊症も8ヶ月で改善

視力の回復とともにビワ温灸の威力を実感したのが飛蚊症の改善です。

初めて飛蚊症の症状を自覚したのが4歳のときで、以来、明るいところを見ると常に目の前に蚊のようなものが飛んでいるのが見えていました。
長年、不快に感じてきた飛蚊症でしたが、ビワ温灸を始めて8ヶ月目で忌まわしい物体は目の前を飛ばなくなりました。
視力の回復と飛蚊症の改善−−−。

自分自身で体験したことほど確かなものはありません。
この改善例を契機に自信をもって眼疾患の方々にビワ温灸をお勧めしていますが、成果は上々です。

白内障でも威力を発揮

印象的な改善例の一つに白内障の方(81)がおられます。
右の視力は0.3。通常10〜20とされる眼圧は26を超えており、手術するにも「失明の恐れあり」と言われ、医者からサジを投げられた状態でした。
それだけにご本人も一生懸命取り組まれました。

昨年9月4日〜10月5日まで、まる1ヶ月間毎日ビワ温灸を当てた結果、視力は1.0まで回復し、眼圧も正常値の範囲である13にまで改善されました。
私の経験上、視力は乱視でさえなければ殆どの人が施灸したその場で上がります。実に8割方です。

ただ、上がった視力を維持するには温灸を継続する必要がありますし、視神経に関係する蝶形骨を矯正する必要があります。
蝶形骨はこめかみに位置しますが、視力が低下している人は左右の形が異なり、目の高さも微妙に違っていることが多いのです。

この歪みをカイロプラクティックで矯正し、ビワ温灸を当てることで視力が回復するのです。施灸時間は大体10分程度です。
ドライアイでも即効性を発揮しています。

こうした経緯から「ビワ温灸が目に良い」という情報が口コミだけでもずいぶんと拡がり、遠隔地から訪ねて来られる人も増えました。

◎Naturalはんず (ご紹介はこちらです。)
北海道札幌市中央区北1条西24−4−1 東急ストア円山店内
TEL011−613−6063

◎「Naturalはんず」に関する体験談
『ビワと健康』  2003年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 視力回復の切り札的存在
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入