乳ガンの術後の痛み軽減

北海道札幌市 風の音治療院 安部雅道 院長

乳ガンの手術直後、切除した部位(右胸)の傷痕にビワの葉を貼ることで痛みが軽減した女性(40代半ば)の症例をご紹介します。

この女性は手術を受ける以前から当院に通っておられます。

もともと自然療法など体に優しい治療法に興味があり、乳ガンと診断されたときから治療に自然療法を組み入れている治療院を探していたそうです。
当院では、井穴刺絡療法とビワ温灸を併用した治療を1年半に亘って行なってきました。

また、ご本人も玄米菜食に取り組んだり、遠赤外線のビワ温灸器を購入して自宅で当てるなど頑張ってこられました。
しかし、なかなか思うように改善が進まなかったこともあって手術を選択することになりました。

乳ガンは深刻な病気ではありますが、すぐさま生命がどうこうなるほど切羽詰った状況ではなかっただけに養生に徹することが難しかった面もあったように思われます。

玄米菜食をしていても完璧とはいかず、家族と一緒にいて少し体調が良いと気が緩んで、ついつい食事が乱れて体調を崩すこともありました。
それでいてストレスは相当なものだったようです。
誰しもそうだとは思いますが、いざ『自分はこれでやっていく』と決めても、なかなか腫瘍が小さくならないと『本当にこれで良いのだろうか』と不安に感じたり、自然療法に理解のない友達から「なんで手術しないの?」と聞かれたりすると、やはり心は揺らいでしまいます。

この女性の腫瘍は2cm弱だったのですが、検査のたびに『大きくなっていないだろうか・・・』と気を揉み、僅かでも大きくなっていると「まだ手術しないんですか?」と言われてしまうため、さらに苦しくなっていったのです。
腫瘍があるがゆえに葛藤して苦しむのなら、いっそ一思いに腫瘍を取った方が精神的には楽ではないか・・・。との判断で手術に踏み切った様子でした。
気を病み、ストレスを抱えて過ごすよりは、むしろその選択は良かったのかもしれません。

手術後、病院では痛み止めの薬が処方されたそうです。しかし、体に薬を入れることに抵抗があった彼女は、病室にビワ温灸器を持ち込み、内緒で当てていたといいます。
ただ、就寝時にビワ温圧を行なうわけにいかず、そこで用いたのがビワの生葉だったのです。
ビワの葉っぱを手術の傷痕に貼るとズキズキと疼く痛みが不思議と和らぎ、退院までの数日間、よく眠れたとのことでした。
もちろん彼女は退院後も自宅でビワ温灸を続け、手術前以上に養生に努めています。

それでも、元気になってきたぶんハメを外すことがないよう現在も月1回当院に通っておられます。
ある意味、手術前は腫瘍の変化で生活の善し悪しが判断できたわけです。腫瘍を切除したことにより生活のチェックや客観的なアドバイスの必要性を強く感じておられるようです。
基本的な手当は自身で行ない、定期的に当院で心身の緊張をほぐすという形が定まって、安定した日々を過ごしておられます。

◎風の音治療院(ご紹介はこちらです。)
北海道札幌市中央区大通西23−2ー25 ラメール円山1階
TEL:011−616−1133

◎「風の音治療院」に関する体験談 『ビワと健康』  2012年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンの術後の痛み軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入