化学物質過敏症が改善

北海道札幌市 風の音治療院 安部雅道 院長

化学物質に過敏反応し皮膚の湿疹をはじめ頭痛、目まい、吐き気といった症状が出ている方がビワ温灸を含めた治療で改善している例が複数あるので紹介させて頂きます。

私は治療院での通常の治療とともに自然食品店でも気診と井穴刺絡療法を用いた治療を定期的に行っており、特に井穴刺絡療法がアレルギー症状に対して治療効果が高いことが情報として伝わり、最近、化学物質過敏症の方が多く来られるようになりました。

化学物質過敏症は一般的にはなかなか治りにくく、病院の建物に入ることすら困難な方もおられます。ワックスや消毒に手を浸けているとか化学物質で反応を起こす患者さんの事情を理解し、できるだけ自然のものを取り入れる配慮がなされた病院となるとかなり限定されるのが実情です。

この病気の発症には色々なパターンがあります。
例えば新築の家で起こるシックハウス症候群と呼ばれるケースでは家中に化学物質が充満し、それに強く反応するということですが、人によってはスーパーマーケットなどにある大型の冷蔵庫に反応して具合が悪くなることもあります。

いわゆる電磁波の影響ですが、私はそれらも含めて化学物質過敏症と捉えています。
実際、シックハウス症候群の方の多くは電磁波にも反応が見られ、農薬にも反応を起こします。基本的には全ての原因物質に反応を起こすけれど、個人差があって強く反応が現れる対象が異なるというだけのことです。
当院には女性の方が多く来られていますが、年齢は4〜50代、下は小学生までいます。年齢や性別を問わず症状はみられます。

温灸器で身体の冷えをとる

この病気の大きな原因は、体が冷えていること。そして内臓の働き、とりわけ消化器の働きが弱くなっていることがあげられます。
体内に要らないものを溜め込んだ状態にあり、外部からの僅かな刺激に強く反応してしまっていると考えられるので、まずは体内の不要なものを出す作業が重要になってきます。

消化器の働きを活発にして体内の不要物を排泄すれば、不要物の減少に伴って外部の刺激に対して過剰反応しなくなるわけです。
体を温めて血行を良くし、血液と気のめぐりを高めていくうえで私は井穴刺絡を用いています。これは鍼・灸治療の一つで自律神経を調整する際によく用いられる方法です。

この治療法ができる方にはまずこれを行い、さらにお腹にはお灸もしくはビワ温灸を行います。
お腹にお灸ができる方の場合は、お灸をしつつビワ温灸を全身に当てるようにします。
加えて気功の一つである気診により、体全体の気の流れを調整します。

ただし、過剰反応が強い方の場合だと井穴刺絡は指先に針を刺して少量の血液を出しますが、それを拭き取るときに消毒を兼ねてエタノールを用います。その消毒用アルコールに反応してしまうのです。
そうしたケースでは全身にビワ温灸を行って最後に気診で気の流れを調整することにしています。
改善のポイントは冷え取りおよび消化機能の強化となるので1回や2回の治療では症状の改善には至りません。

体の冷えを感じなくなった、トイレが近くなくなった、便通が良くなった、食欲が湧いてきた・・・。等々の変化が現れてようやく実質的な症状の改善が始まることが多く、週1回の治療ペースだと早い方でも1ヶ月くらい、通常は日常生活の中で様々なものに反応しているのでしっかり改善するには数ヶ月を要します。
皮膚に強い反応が出てアトピー性皮膚炎のように湿疹が出ていてもきれいに改善しますし、頭痛や目まい、吐き気が出ている方でも行けなかった所に行けたり、公共の乗り物に乗れるようになったり、食べられなかったものが食べられるようになったり、等の変化が現れてきます。

食事の指導も大切

しかしながら治療と合わせて大切なのが食事です。消化器の働き、内臓の機能を正常に戻すには食事が問題になります。
当院では食事指導もしっかりやっています。食事を正し、治療に加えて日々のお手当てをきちんとこなす方ほど改善が顕著です。
一方、なかなか食事が変えられない、不規則な生活が変えられないという方は率直なところ改善が難しくなることは否めません。

これまでの生活の積み重ねが体内に余分なものを溜め込み症状を引き起こしていることを考えるとどうしても生活自体を変えていく必要性があり、逆にそれを実行することで井穴刺絡を行わずとも改善していく方もおられます。
治療におけるビワ温灸の併用は、体を温めてお腹の働きを戻すうえでとても有効です。

ただ、従来の棒もぐさの温灸器だと「煙がダメ」という方もおられます。
その点、ビワエキスを用いる温灸器だと消毒用アルコールには反応してもビワエキスなら大丈夫という方が何人もおられ、迷わずに使える利点があります。
ビワ温灸は短時間の場合は腹部と腰部を中心に当てます。井穴刺絡ができない方の場合には体の末端から温めてあげたいと思うので手足を含め全身に当てることにしています。

こうした治療と生活の改善により症状は着実に軽減していきます。しかし、全く何も反応しなくなるというわけではありません。
元来、化学物質は体に優しくない毒だと思います。ある程度反応するのはむしろ正常な状態と言えるのではないでしょうか。

良くない空気を体が察知して長時間その場に居れば反応が出てくるのは仕方のないことで、用を済ませるまでの短時間を耐えることができるというのが正常と言えると考えます。

◎風の音治療院(ご紹介はこちらです。)
北海道札幌市中央区大通西23丁目2−25
TEL:011−616−1133

◎「風の音治療院」に関する体験談 『ビワと健康』  2010年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 化学物質過敏症が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入