風の音治療院

札幌市中央区大通西23丁目2ー25 ラメール円山1F TEL:011−616−1133


かつて一人のガン患者として闘病生活を送り、現代医療を通じて味わった苦い経験や鍼灸師によって心身ともに癒された貴重な体験を活かし、患者の側に立った気遣いの治療を行なう佐藤亜矢子先生は食事療法にも力を注いでいる。

ご主人の安部雅道院長は気診や井穴刺絡療法を行なうが、ビワ温灸は共通のアイテムという。
佐藤先生に話を聞いた。


  • 治療家を志したきっかけは?
    大学生のときガンの手術をしました。
    転移の心配は殆どないと言われ薬を飲み続けたものの2年後に転移し、再手術。
    再転移の不安に対して『また手術すれば・・・』という医師の見解に失望し、命を失う危機感を抱いて治療を鍼灸や代替医療に切り替えました。
    以来、15年以上元気に過ごしています。患者の不安や疑問に親身に耳を傾ける鍼灸の先生との出会いが、鍼灸師になったきっかけです。

  • 開業の経緯は?
    帯津三敬病院に勤めた後、1年間中国に留学しました。その後、鍼灸学校の講師をしたり統合医療系のクリニックに勤めたりして経験を積み、6年前に開業しました。

  • 名称を風の音(ね)とした理由は?
    夫も私も風が好きなんです。風に乗るとか風に身を任せるとか、心が解きほぐされてフ〜ッと楽になるイメージがあります。
    身も心も自然体で楽に生きていきたい、そんな思いを表現しました。

  • こちらの特長は?
    まず夫婦で鍼灸師ということ。
    それと鍼灸治療とは別に夫は”気診”という気功の一種と”井穴刺絡療法”という爪の際のツボから瀉血して自律神経のバランスを図り、免疫力を上げる療法を行なっています。私はマクロビオティックに根ざした料理教室を定期的に開いています。
    ガンの患者さんも多く、治療とともに食事やライフスタイルについて具体的な提案をさせて頂いています。
    ビワ温灸は夫婦とも行ないます。
    治療法により長所、短所があるので症状によって組み合わせています。

  • ビワ温灸導入の経緯は?
    帯津三敬病院では毎日ガンの患者さんに当てていました。むくみが消えたり、腹水が取れたりする様を日々目の当たりにし、良さを実感しました。
    開業前から自分の中では必須アイテムでした。

  • ビワ温灸の利点、改善例は?
    女性の方が好まれ、普通のお灸より体の奥まで熱が浸透するとか筋肉が緩むのを体感されるようです。
    ガン以外に婦人科系疾患でもよく用いますが、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症が改善された方々がおられます。
    私自身ビワと食事で子宮内膜症が治りました。

  • 訪問治療はしますか?
    やっています。
    それに脳梗塞の後遺症による歩行困難とかリウマチの方など医師の同意書に基づいて鍼灸治療が適用され、保険診療が可能な場合もあります。
    お気軽にご相談下さい。

  • 信条を一言。
    お一人お一人に合った心を込めた治療を行なうことです。
◎「風の音治療院」に関する体験談 『ビワと健康』  2009年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 風の音治療院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入