乳ガンの兆候が消えた!

大阪府岸和田市 ボディケアMakino 牧野さゆり さん

2年前の乳ガン検診から少し経った頃、右胸周辺に違和感を感じるようになりました。

昨年の後半に入ると右の背中の深部や腋(胸の右上部)辺りに鈍痛を覚えるようになり、病院へ行くべきか迷っていました。

シコリはないのですが、自分の体の異常は自分が一番分かります。たまたま知人の家にガンなどの病気を見つけることが出来るという先生(男性、60歳くらい)が来られると聞き、興味を持ちました。

この方は治療家ではなく、以前は製薬会社に勤めておられたそうです。
病気を見つける能力があることから全国を回っておられ、知人宅には2ヶ月に1回来られ、予約された方たちを診ておられるのですが、興味をもった私は知人に頼んで見立ての現場に同席させてもらいました。

治療ではないので無料です。この先生にガンのある部位を指摘され、半信半疑で病院で検査を受けたところ実際にガンが見つかったという人は一人や二人ではないといいます。

玄米菜食のレストランを経営する知人も肝臓ガンが全身に転移していましたが、指摘を受けて断食療法や食養を行なうことで、自分で治されました。
そんなわけで地元ばかりか京都など離れた場所からも予約は入ります。見学で参加した私でしたが、お願いして診て頂きました。
その際、敢えて体の状態は何も話さず、興味本位を装っていましたが、的確に違和感のある部位を言い当てられたのです。
MRIやCT、マンモグラフィーに映るほどではなく微妙な段階との見解でしたが、「やっぱり、間違いないな」と思えました。

乳ガンは食事と密接な関係があるとされ、腫瘍が顕現化するまでには相当の時間を要するといいます。
ガンの腫瘍が見つかる何年も前から負の要素が積み重ねられ、その結果として現れてくるのです。
思えば動物性の脂っこい食べ物や砂糖、ヨーグルト、牛乳、果物など乳ガンに繋がり易いとされるものを好んで食べていました。
こうした食事を見直し、切り替えていけば必ず状態は改善されるという確信のようなものがあり、すぐに実行しました。

3ヶ月間、油や砂糖を一切使わず、玄米菜食に徹しました。
普段通りの量を食べていましたが、3ヶ月間で体重は4kg減りました。
同時にビワ温灸を毎日1時間当て、ビワの種(粉末タイプ)も1日3、4回飲みました。
ビワ温灸を背中に当てるときは温灸器の取っ手を壁にあてがって体をもたれかけます。初めのうちはこのとき背中の痛みがよく分かりました。
しかし、食事療法とビワ療法をストイックに続けるうちにいつしか痛みは消え、体は確実に軽くなっていったのです。
ちょうど体調が良くなった時期に乳ガン検診の案内が届きました。
「何も出ないだろうな」という気持ちを強くもちました。事実、結果は問題なしでした。

但し、前述の先生に2回目に診ていただいたときガンは無くなっているのではなく、小康状態をキープしていることを伝えられました。
気を緩めず、これからも食養生やビワ療法を続けていこうと思っています。

◎ボディケアMakino
大阪府岸和田市池尻町46−1
TEL:072−441−5411

◎「ボディケアMakino」に関する体験談
『ビワと健康』  2012年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンの兆候が消えた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入