魚の目にはエキスと温灸

大阪府岸和田市 ボディケアMakino 牧野さゆり さん

私は冷え性なので寒い時期はお風呂上りに体が冷えたり、足が冷たくなったりするので就寝前に布団に入りながらビワ温灸を当てるのを日課のようにしています。

ビワ温灸を行うと体がポカポカと暖まり、とても心地好く寝つけます。

ある日、いつものようにビワ温灸を当てていると足裏に違和感を感じました。
土踏まずの上部、手でいうところの親指と人差し指の間で3cmほど下がった辺り、少し皮が厚くなった箇所に魚の目らしき小さなシコリが出来かけていたのです。
まだ痛くはないけれど、このまま放置するときっと大きくなって芯が出来上がり痛むだろうなと感じるものでした。
その日から風呂上りにまだ皮膚が柔らかくなっている間に、その箇所にビワエキスを塗り、ビワ温灸を当てるようにしました。
ビワエキスは靴下を履く前にも塗るなど、とにかく毎日欠かしませんでした。3ヶ月くらい経ったと思います。出来かけていた魚の目はいつの間にか柔らかくなり、消えていました。

私がビワ温灸を始めたのはおととしで、知人に紹介して頂きました。当初はモグサを使った温灸でしたが、部屋の中に臭いがこもってしまいました。
私にとっては嫌いな臭いではなかったのですが家人に苦手な者がいて、何か良いものがないか探しているうちにネットで遠赤外線の温灸器を見つけ、取り寄せたのです。
この温灸器だとネックとなった臭いはなく、手軽に当てられるので重宝しています。
ただ、熱の浸透感が違うのと、相手によって好みが違うので両方を使い分けて愛用しています。
ビワエキスは口内炎にも即効性があり、人にもご紹介しています。

最近は主人の治療院でも予約制でビワ温灸を当てますし、ご近所の方なら自宅で、ご希望があれば出向くこともしています。
ビワ温灸は気持ちがよく癒されます。多くの人にビワ療法を体験して頂き良さを実感してもらえればいいなと思っています。

◎ボディケアMakino
大阪府岸和田市池尻町46−1
TEL:072−441−5411

◎「ボディケアMakino」に関する体験談
『ビワと健康』  2011年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 魚の目にはエキスと温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入