ガンのしこりが退縮!

福岡県北九州市 株式会社山水 姉川政子 さん

肝臓と胆嚢の間にガンができた男性(70代)が初めて来られたときの大変そうな姿は、今もはっきりと瞼に焼きついています。

手術を拒み、健康食品のみ摂っておられるとのことでしたが、奥さんに抱きかかえられるようにして何とか立っている有様でした。

体全体、目の中にまで黄疸が出て色粉で染めたタクアンのように真黄色でしたし、患部には硬いしこりが盛り上がり、触るとゴリッとしていました。
どうしても手術はしたくない、何かガンに良い施療はないものか・・・。
色々探した挙句、たどり着いたのがビワ温灸だったとのことでした。
一通り状況を伺っていざビワ温灸の体験をとなりましたが、衣服の着脱すらままならず奥さんが手伝われました。「ベッドに横になれますか?」と声掛けしても辛そうで、初回のビワ温灸は15分〜20分当てるのがやっとでした。
おそらくご本人は、ビワ温灸が気持ち良いという感覚を持つには至らなかったと思います。それでも1週間後に予約され、以降毎週きちんと通われました。

2回目はまだ辛そうで、初回同様、衣服の着脱は奥さんが手伝われました。ただ、初回の施療後、ぐっすりと眠ることが出来たことを奥さんが報告して下さいました。
3回目の施療が終わったときには黄疸もかなり収まり、顔も体も桜色に染まり、「すごく気持ちがいい」とビワ温灸を堪能された様子でした。
4回目のときでした。驚いたことに肝臓周辺の盛り上がっていたシコリが消えていたのです。厳密にいうと手でグーッと押し込んでみると奥の方に小さく残っていたのですが、明らかに退縮していました。

当初、歩くことすらおぼつかないほど弱っていた体は予想をはるかに上回りみるみる回復され、「すごく調子がいい」と笑顔がこぼれていました。 健康食品との相乗効果もあったでしょうが、とにかくビワ療法の威力に感激され、きちんと通ってこられました。
途中からはあまり元気すぎて「もう畑に出てるんよ」と奥さんが心配そうに報告されるほどで、「今日は『気分がいいから』と言ってパターゴルフに行きました」と聞いたときは、私も思わず「え〜っ」と声をあげました。
僅か2ヶ月ほどで見違えるほど元気になられたわけです。時々、電話で様子を伺うと「元気、元気」と溌剌とした声で応えて下さいます。

肩こりや腕の痺れも

畳屋のご主人(60代後半)は長年の力仕事の影響で肩はバリバリに凝り、腰痛や腕の痺れ、首が回らないといった症状で困っておられました。

初回のビワ温灸で首の痛みが緩和し、2回目では腕の痺れが消え、首が回るようになって喜ばれました。
しかし、職業がら体を酷使する作業は免れず、暫くすると同じ症状が出てきます。やむを得ないことですが、ご本人はとても喜んでおられ「ビワをやってるからワシは仕事ができるんだ。全然違う」と感謝して頂いています。
この方のように体のケア、メンテナンスにもビワ療法は効果的といえます。

ガンの冷えにも有効

昨年5月に乳癌を手術し、抗ガン剤治療を続けたにも拘らず今年6月、両肺に転移が見つかり、乳癌も再発の可能性があると言われた女性(30代半ば)は、もう西洋医学の治療(手術)は受けないと決め、病院では定期的な検査のみ行っておられます。

まだビワ温灸を始めて3回ほどですが、この間にも体調の変化を感じておられます。
低体温の方なので、初回はビワ温灸を施しても熱が入りにくく、当て終わっても肌は白いままでした。

2回、3回と回を重ねるにつれてどんどん熱が入るようになり、肌は赤くなるようになってきました。
ビワ温灸は気持ちが良いそうで、今後は免疫療法や温熱療法を始めようと考えておられますが、併せてビワ温灸は続けていきたいとおっしゃられます。 改善には時間がかかるかもしれませんが、ガンの方は皆さん、ビワ温灸の心地好さを喜んでおられます。

◎株式会社山水
福岡県北九州市八幡西区上上津役4−22−2
TEL:093−613−1657

※私どもの直営店「健康工房 えこわいず村」にてビワ温灸を行っております。
お気軽にご連絡下さい。(ご紹介はこちらです。)
◎「健康工房 えこわいず村」に関する体験談
『ビワと健康』  2010年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ガンのしこりが退縮!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入