前立腺ガンに威力を発揮

福岡県北九州市 健康工房えこわいず村 溝尻亜希子 店長


昨年10月、太田英義(てるよし)さん(77)は前立腺ガンと診断され、「1年以内」という無情な余命宣告を受けましたが、奥様との二人三脚でビワ温灸をはじめとする療養に熱心に取り組まれ、1年が経過した現在、以前に増してむしろ元気に充実の日々を送っておられます。

太田さんご夫妻の取り組みはきっと闘病中の方々に励みになると考え、体験談として掲載をお願いしたところ、「皆様のお役に立てるのでしたら・・・」とご快諾頂けましたので、ご夫妻に代わってご紹介させて頂きます。

余命宣告は1年以内でしたが薬剤師である太田さん自身は腫瘍マーカーの数値が6,000と聞き、『医師は1年以内と言ったがそんなわけない。このままでは半年もたんな・・・』と直感されたとのことでした。

何とかしなければ・・・、との一念で入院の22日間、濃縮プルーンをはじめとした栄養補助食品を毎日3時間おきに食べたそうです。
すると、入院時に溜まっていた胸水が退院時には無くなっていたのです。
退院後は鎮痛剤とホルモン療法を受けたそうですが、濃縮プルーンはあくまで補助食品なので食事そのものを玄米食に切り替えたとのことでした。
退院して1週間後、うちに来られました。

インターネットで検索した普及会のホームページから辿り着いたそうで、まずはビワ温灸を実際に体験して頂きました。
ご主人にビワ温灸を当てて欲しいとのみ言われ、病名や症状等の説明はなかったのですが、45分ほどかけて全身に当てていくううちに、「アレッ」と気づくことがあったのです。

腰からお尻にかけての部位が一向に温かくならないのです。
そのことをお伝えしつつお話を伺うと、前述の病気に関する事情を話して下さいました。
ビワ温灸の体験が終わったあとご主人の顔色が非常に良く、ご本人も「気持ち良かったぁ」と話される姿を見て、奥様は『これで治るかもしれない・・・』と思われたそうです。

ガンの方の場合、ビワ温灸を行なう頻度は週1回では足りないと思います。毎日、ご自宅で当てられることをお勧めしました。こうしてビワ温灸、栄養補助食品、玄米食、そして琉球温熱(温熱療法)という4つの療養に取り組まれたのです。
ビワ温灸は奥様が毎日献身的に当てられます。
特に痛みを取る作用に優れ、それまで全身の痛みによって転がらないとベッドから起き上がれなかったものが、ビワ温灸を始めた翌日から難なく起き上がれるようになったのです。
1年が経った今も全く痛み知らずとのことです。

それだけではありません。腫瘍マーカーの数値がグングン下がったのです。
6,000から始めて、3週間後の検査では一気に1,000まで下がり、それ以降は3週間ごとに72、36、18、12、・・・と下がり、1年後には僅か1.99になっていたのです。

正常値は4以下ということです。退縮を目ざして頑張っておられますが、とてもお元気で風邪すらひかないとおっしゃいます。
ご夫婦とも喜ばれ、今日に至る経緯をお友だちにも話しておられるそうで、ご本人も訪ねてみえます。
改めて継続することの大切さを実感させて頂き、私も感謝しています。

◎健康工房 えこわいず村(ご紹介はこちらです。)
福岡県北九州市八幡西区馬場山東2−1−6
TEL:093−617−2444

◎「健康工房 えこわいず村」に関する体験談
『ビワと健康』  2008年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 前立腺ガンに威力を発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入