直腸ガンが短期間で退縮

福岡県北九州市 健康工房 えこわいず村 溝尻亜希子 店長

一人でも多く、病気で悩んでいる人にビワ温灸のことを教えてあげたいとの思いで50代の女性が体験を話して下さいました。

去年10月、卵巣ガン(両方)、卵管のガンが見つかり、今年1月末に手術をしました。

以後、5月まで抗ガン剤治療を4回行ないました。

その後、便の出が悪いときもあり、検査したところ6月におへその辺りにガンが見つかりました。直腸ガンでした。
その時、医師に「ガンは全身に回っている」と言われ、直腸ガンに関しては人工肛門にした方が良いと言われました。
そういう状況の中で枇杷葉温圧療法に出会い、しょうが湿布を併用しつつ玄米菜食の食養生も始めました。

7月8日から毎日、しょうが湿布とビワ温灸を1時間ずつ行なったところ8日くらいからおへその周りのガンに翳りが見え始め、枯れたようにヒビが入ってきたのです。

その3日後から抗ガン剤の服用を始め、10日間入院しました。
入院中も病室でビワ温灸を毎日行ないました。

おへそ周りの硬く紫色になって腫れていたガンは3分の1くらいまで小さくなり、皮膚の色も肌色に戻り軟らかくなってきています。

この女性は、希望をもって頑張っておられます。

◎健康工房 えこわいず村(ご紹介はこちらです。)
福岡県北九州市八幡西区馬場山東2−1−6
TEL:093−617−2444

◎「健康工房 えこわいず村」に関する体験談
『ビワと健康』  2006年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 直腸ガンが短期間で退縮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入