もやもや病がさらに改善

長野県伊那市 みすず接骨院 渡辺尋 院長

もやもや病の症状で2009年10月15日号に掲載された(詳細はこちら)女性(50)が、その後さらに劇的に改善しているので報告させて頂きます。

脳の動脈の循環が悪くなり頭が晴れない状態が続く「もやもや病」は難病指定の病気で、この女性は2007年に脳外科で頭皮の動脈を脳内に引き入れるバイパス手術を受けても改善しきれない様々な症状が出ていました。
夜寝ていると地震かと思うほどグラグラ揺れを感じ、座っても収まらず、起き上がると立ちくらみがするというのです。
また、左股関節の可動が鈍く脚が上がりにくいうえに腰痛があり、左肩も上がりにくい状態が続いていました。

しかし、医師からは「手術は成功し脳に血流は届いている。もやもや病とは関係ない。あなたは気持ちが弱い。どんどん歩きなさい」と言われ、途方に暮れて当院を訪ねたのでした。

症状が左に集中している点は右脳が影響を及ぼしているようで、頚部にも問題が感じられ、もやもや病と無関係とは言えない気がしました。
そこでビワ温灸をメーンに間接調整やツボ調整といった治療を行いました。ビワ温灸の反応は良く、週1回の施療で腕の可動域や股関節の動きは1ヶ月弱でほぼ正常に戻りました。

前回はここまでお伝えしましたが、彼女は左側のこめかみ部分も血管が細く、医師は「もやもや病とは無関係」としながらも、その影響から症状が出ていると判断していたようです。
血管の直径が0.7mmしかなく、「1.0mm以上あれば手術しなくてもいい」と言われていたそうで、そのままいくと右側同様、手術を受けることになっていたのでした。

しかし、彼女はビワ温灸をメーンにした治療に手応えを感じていました。事実、改善の勢いは予想を超えたものでした。
当院で治療を開始してから2ヶ月、検査の結果、左こめかみの血管は1,1mmまで拡がっていたのです。
もちろん体調はグングンよくなり、当初、5種類服用していた薬も2種類に減り、35,8℃だった体温は36.2℃まで上がっていました。
「持病があるのだから仕事は控えめに・・・」とアドバイスしてきましたが、かつてのように重いものを持ったあと具合が悪くなるようなことはなくなり、今では薬も1種類となり普通に生活されています。

難病特有の症状に悩まされ、手術の不安に脅えながら訪ねてみえた人が、僅か2ヶ月でほぼ正常に改善したのですからビワ療法の力は相当なものと言わざるを得ません。

◎みすず接骨院(ご紹介はこちらです)
長野県伊那市美篤7869−1
TEL:0265−73−8765

◎「みすず接骨院」に関する体験談 『ビワと健康』  2010年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > もやもや病がさらに改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入