みすず接骨院

長野県伊那市美篶7869−1 TEL:0265−73−8765

武道の稽古に伴う怪我で、治療院に通ううちに自らも治療家の道を選択した渡辺尋院長は、開業後も武道で鍛えた精神力と持ち前の向上心を発揮し、休日返上で研鑽を積み次々と有効な治療法を習得。安全かつ効果の高い施療形態を確立し、さらに進化を図っている。

そのなかでビワ療法が担う役割は重要で、大いに活用されているという。
話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    学生時代から指圧等には興味がありました。
    20代後半に少林寺拳法や空手を始め、怪我が絶えず治療院のお世話になっていました。
    その後、実践空手を始めてさらに怪我は増え、同じ道場生の接骨院で施術を受けるうちに魅力を感じ、やがて柔道整復師の資格を取得しました。学習塾をしていたので妻には負担をかけました。


  • 開業してどれくらい経ちますか?
    今年で8年目です。専門学校性のときはインターンとして、卒業後に勤務した治療院ではチーフとして院長の代わりに初診を任されるなどの経験を積めたことが、今日に繋がり活かされています。


  • 名称を”みすず”とした理由は?
    地元に密着した接骨院を考え、所在地の地名から付けました。
    最近は口コミで遠方から来られる方も増え、有難く思っています。


  • 施療の特長は?
    JRC療法とレインボー療法をメーンにENB療法、カイロプラクティック、ビワ温灸等を行なっています。
    JRC療法の関節矯正は痛くないのに効果が劇的です。レインボー療法はツボにアプローチします。
    ENB療法は微弱電流で電気的に神経ブロックをします。ビワ温灸に代表されるように気持ちが良く、それでいて効果が顕著なものを厳選し、導入しているところが特長です。


  • ビワ療法導入の経緯は?
    レインボー療法の講習の中でビワ療法が紹介されていたり、治療家が集まる研究会で既にビワ療法を導入して実績を上げている先生方の話を聞くなどして、自分も学び導入しました。
    今年6月からはビワ療法とレインボー療法を併用した療法室(予約制、自由診療)を設け、充実を図っています。


  • 印象的な改善例は?
    パーキンソンの男性(50代)は右手が震えて仕事が出来ない状態でしたが頭部を中心にビワ温灸を行なったところ指先の震えがその場で収まり、腕も軽くなって喜ばれました。
    無理をすると症状が出ますが、ビワ温灸でピタッと止まります。他にも冷え症、肩こり、頭痛、腰痛など慢性的な症状に有効です。


  • 往診もしますか?
    予約で受けます。以前、恩師(70代)が大腸ガンを患い腹部が硬張って前屈みになっていましたが、ビワ温灸を持参して施療したところ普通に前後屈ができるようになり感謝されました。これからはビワ温灸を用いた出張施療にも力を注いでいくつもりです。


  • 信条を一言。
    安全で痛くなくしかも効果の早い治療法を揃えているのは、気持ち良く治っていくことこそ最高の治療だと考えるからです。初めは物足りなく感じるくらいで、皆さん『何でこれで良くなるの?』と驚かれます。
    優しい治療で健康に導く、それが信条です。
◎「みすず接骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2007年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > みすず接骨院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入