パーキンソン病が改善

長野県伊那市 みすず接骨院 渡辺尋 院長

パーキンソン病の初期症状で右手に震えが出ていた男性(55)がビワ温灸を併用した施療で改善した例をご紹介致します。

この方が紹介で来られたのは昨年の2月でした。
病院での診断は「よくわからない」というもので、西洋医学的な所見は出ていなかったので初期ではあったようですが、すでに仕事に差し障りが出て休職しておられました。
教職者であるにも拘らず板書が出来ない状況にあったのです。

病院で薬が処方されていましたが、ご本人が効果に疑問を感じておられるらしく、1ヶ月くらい飲んでないとのことでした。

当院ではレインボー医学療法とビワ温灸、JRCの関節調整を併用して施療しました。
親指と人差し指がプルプルと震えるだけでなく、首や肩も辛い状態になっておられたので首、肩を治療しつつ週2回ビワ温灸を行ないました。
ビワ温灸を行なうと震えが収まりました。パーキンソン病は脳に起因する症状ですから体全体を一通り治療しながら患部を丹念に施療しました。
脳と体幹、および四肢は神経交差しているので右手が震える場合は左脳を治療すると良いといわれています。前頭部および頭頂部の左側を意識し、運動神経を狙って施療しましたが、首や肩の調子が悪いと血流が阻害され少なからず影響を及ぼすと考え、ここもしっかり施療したのです。

ビワ温灸の効果は顕著で施療後は震えが収まりました。
作業をするとまた震えが出てきますが、8月23日の施療後からは震えの程度が軽くなり回数も減ってきました。
そして10月25日からは作業をしても震えが出なくなり、11月に入ると全く正常に戻って、今年2月に復職することが決まりました。
復職すればストレスなどでどうなるかはわかりませんが、今は完全に収まっています。

もちろん、ご本人としては、ビワ温灸の併用施療で症状が収まったことからビワの効果を強く感じて喜んでおられますが、「ビワ温灸療法はあくまで民間療法ですから病院の処方も守ってくださいね」とお伝えしています。
ちなみにビワ温灸を行なうポイントとしては、腎経や心経が中心となります。「腎兪」「心兪」「委中」「承山」、あとは「百会」をはじめ前頭部と頭頂部のツボです。

パーキンソン病自体、全快を断言できるものではありませんし、今回のケースが全てのパーキンソン病に適用するとは限りません。
しかし、少しでも参考になり助けになれば幸いであると思います。

◎みすず整体院(ご紹介はこちらです)
長野県伊那市美篤7869−1
TEL:0265−73−8765

◎「みすず接骨院」に関する体験談 『ビワと健康』  2008年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > パーキンソン病が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入