前立腺ガン完治に貢献

宮崎県宮崎市 びわ療法本郷 城戸淳子 代表

2年前になりますが、熊本からわざわざ訪ねてみえた男性(60代)は前立腺ガンでホルモン治療を受けておられました。
宮崎に住む娘さんがうちを知り、ビワ温灸による手当てを始めたいとのことで、ご本人、奥さん、娘さんの三人で来られました。

遠方なので通うわけにはいきません。
遠赤外線のビワ温灸器を購入され、ご自宅で当てられるよう基本のツボや前立腺ガンのツボ等について実演を交えてご指導させて頂きましたが、娘さんのお話によると病院では「まずは2年生きることを目標にしましょう」と言われたとのことでした。
ご本人には内緒にしておられ、ご家族の切実な気持ちがひしひしと伝わり、ビワ療法ばかりでなく食事の大切さなども含めて私なりにアドバイスさせて頂きました。

前立腺ガンでのビワ温灸は患部をはじめ陰部周辺に直接当てることになります。それだけに他人が当てるよりご本人や身内が手当てした方が却ってストレスにならず、また皮膚の薄い部位だけにビワ温灸の熱は浸透しやすく改善に繋がるケースが多々あります。
毎日コツコツと当てられたはずです。ビワ温灸で用いるビワエキスは娘さんが送っておられましたが定期的に注文があり、熱心に取り組んでおられる様子が伺えました。

ご本人からも度々お葉書を頂きました。
いつも「ビワのお陰で体調は良く、症状の悪化もなく元気で過ごしております」といった文面で、ビワの種やビワ茶も愛飲しておられるとのことでした。

初めてお会いしてから2年を経た今冬、娘さんから喜びのご報告を頂きました。検査の結果、マーカーの数値は正常値となり、ガンそのものも消滅して「完全に治癒しました。病院での治療はもう必要ありません」と言われたのです。
かつて「2年が目標」と告げられていただけに完治に至るとは思っておられなかったそうで、それだけに喜びは大きく嬉し泣きしておられました。
ビワ温灸は気持ちが良く、毎日続けても体に負担にならない点で優れています。私が特に何かをさせて頂いたわけではなく、ご本人とご家族が懸命に頑張られた結果です。

遠方の方はご自身でビワ療法を行なうことになりますが、不思議と皆さん根気強く続け、自ら病を克服されて感謝のご連絡を下さるので恐縮します。
病院から”完治”の太鼓判を押されたこの方ですが、娘さん曰く、「ビワは本当に良いことが分かったのでずっと続けます」と継続して頑張っておられます。

◎びわ療法 本郷 (ご紹介はこちらです)
宮崎県宮崎市本郷北方120−25
TEL:0985−56−1796

◎「びわ療法 本郷」に関する体験談 『ビワと健康』  2010年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 前立腺ガン完治に貢献
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入