交通事故の後遺症に有効

宮崎県宮崎市 びわ療法本郷 城戸淳子 代表

交通事故の後遺症で首や肩に痛みがあり、さらにそれに伴いうつの症状も出ていた女性(60代)が短期間で改善したので紹介させて頂きます。

この女性が交通事故に遭われたのは10年くらい前です。

ご自分で運転中、後方から追突されて首と肩を痛めてしまったのですが、以来、疲れが溜ったときや天候が悪いときなどに痛みが出ているそうです。
うちには、膝痛で来られていた方のご紹介で来られました。

初回時、話を伺うとこの10年間は整形外科での電気治療、整骨、マッサージなど色々な治療をうけてきたものの完治には至らず、騙し騙し我慢してきたとのことでした。
むちうち症特有の首の痛みと事故で痛めた肩の痛みの両方がみられ、筋肉組織はこれまでにうけた施療の強い刺激によってすっかり硬くなり、血液が滞っている状態でした。

天候が悪いと痛み、痛みが出ると気持ちも沈んで気分が悪くなる。
そこには更年期障害の要素も加わっている感じもありましたが、いずれにしても機能的な痛みばかりでなく自律神経に関わる痛みもかなり影響しているようでした。

リンパ節と背骨に温灸

施療感が心地好いビワ温灸はどちらの痛みにも有効です。まず全身の主なツボに当ててから「風池」「天柱」「瘂門」といった首のツボや「肩井」など肩のツボに施療しました。

また重要なポイントとして、腋の下および首(人迎のツボ)のリンパ節、背骨の真上にも温灸を施しました。
私の実感として、痛みの患部だけでなくリンパ節や背骨に当てると一層効果が上がります。
第1回目の反応は「体が温まり少し楽になった」というものでした。

週1回の頻度で通って頂きましたが、3回目から急速に改善が進みました。
それというのも、症状には個人差こそあるもののビワ温灸を始めて大体3回くらいで悪い箇所が絞られ明瞭になってきます。
これは腰痛などでも共通して《痛みの大本》とでもいうのでしょうか、それが掴めるとピンポイントで温灸ができるようになるため、そこからの改善は割と早く、あとは痛みや違和感の残る箇所にしっかり当てればよくなるわけです。

この女性の場合は1ヶ月ちょっと、合計6回の温灸で改善し、天気の善し悪しに左右されて痛みが出ることもなくなりました。
これまでどうしても治り切らなかっただけにとても喜ばれました。
ちなみに1回のビワ温灸に費やす時間は40分。
温灸前に体を温め体内毒素の排泄を目的に遠赤外線のサウナに入って頂く(但し、血圧が高い、体調不良、サウナが苦手といった方は除く)ため1回の施療には1時間を要します。

この女性に限らずビワ温灸を希望される方は、色々な療法を試された末にようやくここにたどり着いたという人が少なくありません。
ほかにも腰痛や手術の後遺症、婦人科系疾患、ストレスからくる自律神経系の疾患などでも威力を発揮しています。
正直なところ、『これはもう私の腕でなくビワ療法のお陰だなぁ・・・』と思わされるケースもしばしばで、大変重宝しています。

◎びわ療法 本郷 (ご紹介はこちらです)
宮崎県宮崎市本郷北方120−25
TEL:0985−56−1796

◎「びわ療法 本郷」に関する体験談 『ビワと健康』  2007年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 交通事故の後遺症に有効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入