肩こり、腰痛、冷え症

長崎県壱岐郡 サンライト治療院 大川敏明 院長


最近は、肩こり、腰痛、冷え症といった割と一般的な症状で、ビワ温灸と整体を併用した施療によって効果を上げています。

肩こり・五十肩

まず肩こりですが、年齢的には40代〜50代の方が多く、中には20代のOLも来られます。

単なる筋肉の緊張による凝りもあれば五十肩もありますが、五十肩の場合でも筋肉の緊張の度合が高い方が多く、ビワ温灸で血流を良くし、ほぐしておいてからストレッチやマッサージを行なうことで短期間で改善されます。

夏場でも冷房で体を冷やすことが原因で症状が出ている人が多く、腕が45度くらいしか上がらなくなるケースもあります。
それでもあまり日数をかけずに改善するのがビワ温灸の良いところです。
1回の施療は、40分〜1時間ですが、5、6回通われると腕は上がるようになります。
但し、症状の重い方は日を開けず、毎日詰めて来て頂いています。
逆に比較的症状の軽い方だと筋肉のマッサージやストレッチのみで改善されることもあります。

腰痛・坐骨神経痛

腰痛では坐骨神経痛の方が多く、大抵どちらか片側の脚に痛みが出て、お尻、太股の裏、そして足首辺りまで痛みが走ります。

その場合も慢性的な筋肉の緊張が強い方が多く、ビワ温灸と併せて整体により骨盤の歪みを取り、筋肉の緊張をほぐす意味でマッサージやストレッチを行なうことになります。
経験上、腰痛は五十肩より比較的改善しやすいと感じます。

他の治療院でなかなか良くならなかったようなやり方であっても平均3〜4回で良くなります。
それはビワのもつ痛みを止める薬利作用と整体との組み合わせによる相乗効果が大きいことを感じます。

冷え症

冷え症の方には、足の裏やお腹、腰周りにビワ温灸を施しますが、どうしても血流の悪い人は全身にストレスがあって、筋肉の緊張がみられます。それをほぐしてあげることによって体が緩み、徐々に改善していきます。

またビワ温灸の熱が直接的に働くので効果的です。
いずれの症状でも施療時間の半分はビワ温灸を行ないます。ビワ温灸を行なう時間と効果は比例し、長いほど効果が得られます。
始めて10分も経つと眠りに入る方が殆どで、精神的にもリラックス出来ていることを感じます。

◎サンライト治療院(ご紹介はこちらです。)
長崎県壱岐郡郷ノ浦町東触631−1
TEL:092−047−6566

◎サンライト治療院に関する体験談

『ビワと健康』  2009年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肩こり、腰痛、冷え症
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入