慢性的運動不足が原因

長崎県壱岐郡 サンライト治療院 大川敏明 院長

ビワ温灸の施療では、肩こり、腰痛、座骨神経痛などの痛みの改善例が多いのですが、年配の方はもちろん、20代の女性などもデスクワークを中心としたコリや痛みの症状を訴えて訪れる人が増えています。

ビワ温灸は、局所療法であると同時に前全身療法です。
コリや痛みのある部位ばかりでなくそれらの症状に関連するツボ等も用いて、筋肉をほぐしています。

コリに関連し、頻繁に用いるツボは足部だと「臨泣」や「束骨」などです。

デスクワークに起因する症状では、やはり前屈みの姿勢や目の疲労が影響していますから腰、肩、首、目の周辺など全般的な施療が必要となります。

症状によって多少の差はありますが、当院では整体とビワ温灸のセットで40分というのが通常の施療パターンとなっています。
最近の傾向としていえるのは、コリや痛みの原因が殆ど慢性的な運動不足によるということです。

運動不足のうえに同じ姿勢を取り続けたのでは体は歪みます。
骨盤の歪みが背骨の歪みに繋がり、ひいては筋肉の緊張、すなわちコリや痛みに繋がるのです。

こうした骨盤の歪みや股関節のズレが大もとにあるので、整体でそれらを調整し改善を図るだけで筋肉が緩んでかなりの効果が得られますが、さらにビワ温灸を行なうことで早期改善に導くことができます。

座骨神経痛の痺れ

座骨神経痛で来られた50代の女性は、足の指先まで痺れがあり足を引きずっておられました。
病院の検査で座骨神経痛と診断され、理学療法士の指導のもと筋肉強化等のリハビリを行なわれたものの改善せず、鍼治療や整体、カイロにも通われたそうです。

それでも経過が思わしくなく、知人の紹介で来られたのでした。
当時はまだ整体を導入していませんでしたからビワ温灸のみの施療でしたが、5日間連続で通って頂き、毎回40分間しっかり当てました。

1回目の施療で相当痛みが和らいだので手応えはありました。僅か5日間でほぼ痛みは取れ、改善しました。
この方に限らず、痛みがある場合のビワ温灸は可能な限り毎日続けたほうが治りは早いものです。

椎間板ヘルニアの痛み

椎間板ヘルニアを患った男性(50代前半)は、横になっていても痛みがあり、病院で神経ブロック注射を打ってもらっていましたが、薬が切れると途端に痛みがぶり返すという深刻な状況でした。

1日置きに来院して頂きました。ビワ温灸は鎮痛作用に優れており、2週間ほどで痛みは大幅に軽減し、その後は3日置きの施療に切り替えましたが、数回で終了となりました。

メニエール症候群も

メニエール病では、男女ともに来られますが、大体4、50代の方が多く、疲労やストレスが溜まった時に症状が現れています。
ビワ温灸は神経の鎮痛作用にも優れているのでメニエール病にも効果的です。後頭部や背骨の両側などをじっくり施療すれば、2週間から3週間くらいで改善する例が殆どです。

顔面神経マヒが改善

70代の男性は顔面神経痛で来られました。
帯状胞疹が頭部に出て、そのウイルスの影響で顔面の左半分がマヒし、だらんとたるんだ状態でした。

帯状胞疹自体は湿疹が出た範囲も小さく病院の治療で跡形なく治っていました。
しかし、残ったマヒは結構大変で水を飲んでもこぼれるような状況。外出するのも気が引けるとおっしゃっていました。

通われたのが4〜5日に1回程度でしたので時間は掛かりましたが、マヒは徐々に緩和され、2ヶ月ほどでほぼ元通りに改善しました。
この方のように首から上に症状が現れているケースでは、比較的弱い熱で温圧を施します。

また、神経がマヒしているわけですから熱に対する反応は鈍いので施療時に温灸器を当てる時間はご本人の感覚には頼らず、こちらで判断して移動するようにしています。
ご自身でもマッサージをするなど努力されていたこともあって、施療の頻度の割には比較的早目に改善したように感じます。

◎サンライト治療院(ご紹介はこちらです。)
長崎県壱岐郡郷ノ浦町東触631−1
TEL:092−047−6566
(サンライト治療院に関する体験談)
  • ギックリ腰が短期改善
  • 肩こり、腰痛、冷え症

  • 『ビワと健康』  2006年4月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 慢性的運動不足が原因
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入