ギックリ腰が短期改善

長崎県壱岐郡 サンライト治療院 大川敏明 院長

ビワ温灸は痛みや痺れの症状に即効性があるので、当院では肩こりや腰痛などの施療に多用しています。
テニスが趣味の女性(40代半ば、主婦)は、プレー中にぎっくり腰になってしまいました。

右利きの女性は、ラケットを強振した瞬間に左腰に痛みが走り、その日は何とかプレーをこなしたもののやがて動くのも辛い状況に陥りました。

ご本人なりに1〜2日様子をみたようですが腰を曲げたり起こしたりすることもままならず、友人の紹介で当院を訪れました。

特に左側の腸骨の少し上に痛みが強く、腰と足を中心にビワ温灸を行なうことにしたのですが、ご本人曰く「1週間後にテニスの試合を控えているのでそれまでに痛みを取ってください」との要望でした。
体が第一とはいえ、大切な試合なのでしょう。そうなると悠長に構えてはおれず、毎日通って頂くことにしました。

来院前日、予約の電話の際に患部を冷やすように伝え初診時にはすでに炎症は収まっていたので30分間、患部を含めてしっかりビワ温灸を施しました。
患部(腰椎の周囲)の他に用いた足のツボは、膝裏の「委中」、ふくらはぎ中央付近の「承山」かかとの「崑崙」などです。

劇的とはいえないまでも反応は良く、日に日に痛みは軽減して試合前日には痛みは消えていました。
ご本人も試合に出たい一心から「施療後は出来る限り安静にしてください」と伝えた言葉をしっかり守った様子でした。
試合当日は痛みが出ることもなく、無事にプレー出来たとのことでした。

座骨神経痛も短期改善

座骨神経痛で来られた女性(60代前半)は、クリーニング屋さんでした。

洗濯もアイロンがけも自前で行なうため長年前屈みの姿勢を強いられるいわゆる職業病。これまでも腰痛は時々あったそうです。
ところが最近、右足の背面部(臀部から太股にかけて)に痺れと痛みが強く出始め、それでも仕事が忙しくて我慢を重ねた結果、とうとう限界を超えてしまったのです。
初回時は付き添いの方も一緒に来られ、「痛くて力が入れられないので歩くのも大変です」と話しておられました。

歩行時の体重移動では強い痛みと電気が走るようなビリビリ感があったため急性期の症状が収まるまで毎日ビワ温灸で施療することにしました。
この方の場合、仕事柄腰を痛めているだけでなく、以前に腰椎を圧迫骨折しており、それが原因で椎間板がずれている可能性も感じられました。

かつて整体や鍼灸に通われた時期もあったそうですが、ビワ温灸は気持ちが良く、治りが早く感じられるとのことでした。
施療ポイントは、腰椎の周囲と脚部の「承扶」「殷門」「委中」「承山」「崑崙」「足の三里」「陽陵泉」「解谿」、腹部の「天枢」「大巨」等のツボを用いました。

30分の施療を1週間続けましたが、3日目くらいで一人で歩けるようになり、1週間ほどで殆ど痛みが取れたため、それ以降は1日置きの施療にし、2週間でほぼ完全に痛みも痺れもなくなりました。

肩こりには胸鎖乳突筋

以上の二例は短期間で改善した例ですが、通常の筋肉疲労による肩こりや腰痛だとさらに短期間で改善します。

例えば最近多いのはデスクワークで肩こりを訴える女性ですが、大体2〜3日で改善しています。
肩こりの原因は、腕の疲れ、目の疲れ、前傾姿勢による首の疲れなどに分かれますが、最近最も多いのは首の疲れに起因しているケースです。

こうした首の筋肉疲労が主因の肩こりでは、胸鎖乳突筋が施療のポイントになります。
この筋肉の上や周囲に顎の下から肩にかけてビワ温灸を当てて緩めるだけで結構楽になります。

あとは「肩井」「肩髎」「中府」「ゲキ門」「曲池」「手の三里」や肩甲骨内側の「天宗」などが有効です。
単なる筋肉疲労ならビワ温灸を用いると2、3日で楽になりますから、連続して当ててみてください。

◎サンライト治療院(ご紹介はこちらです。)
長崎県壱岐郡郷ノ浦町東触631−1
TEL:092−047−6566
(サンライト治療院に関する体験談)
  • 慢性的運動不足が原因
  • 肩こり、腰痛、冷え症

  • 『ビワと健康』  2007年1月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > ギックリ腰が短期改善
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入