むちうち症にはビワ温灸

石川県小松市 和舞 徳山和子 代表

首、肩、腰の痛みで10年ぶりに来られた女性(59)は、間もなく症状が改善し喜んでおられました。

ところが1ヶ月後、不運にも車の追突事故に遭い、今度はむちうち症で通うこととなりました。

毎日、腰と腹部にビワの生葉を用いた温熱パックを施し、併せて首と鎖骨に遠赤外線のビワ温灸を行なったところ1ヶ月余りで発熱が収まり、首が回り、体の重だるさも取れました。

順調な回復に週2回の施療に切り替えたのですが、風邪が元で体調を崩し、首とともに頭にも痛みが出て大変心配されました。
そこで、施療を毎日に戻して続けました。
幸い1ヶ月半ほどで痛みはきれいに取れました。

結果的にビワの温熱パックと温灸を約4ヶ月に渡って行なったことで、症状の改善とともに予期せぬ変化が現れました。
ビワの温熱療法は気血水の流れを整え水毒の排泄を促す働きが強いようで、太めの体形が目に見えて引き締まってきたのです。
笑顔で「見て」と言った彼女の腹部には、こぶし2個分の空間・・・。
体重は3kg減っただけなのに、確実に引き締まっているのです。
歩くとズボンが脱げ落ちそうになるそうで、「エステより効果あったね」とお話しました。

◎和舞(わぶ)
石川県小松市本折町134
TEL:0761−22−0130

◎「和舞」に関する体験談 『ビワと健康』  2008年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > むちうち症にはビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入