難聴、皮膚疾患が改善

石川県小松市 和舞(わぶ) 徳山知子 代表

自律神経のトラブルが原因で難聴や皮膚疾患を抱えていた女性(23)がビワ療法をメーンにした施療で改善した例を紹介します。

社会人として都会暮らしをしていた彼女ですが、自律神経の不調から耳が聞こえにくい、夜眠れない等の症状に悩まされるようになり、治療を受けても改善せず、やがて仕事も辞めざるを得なくなりました。

心配した家族は慌ただしい都会にいては治らないと判断し、祖母の住む水や空気の良い小松市で療養することを勧めたのです。

ところが、こちらに来て病院にかかっても検査で耳に異常は認められず、それでいて悪化するばかり。
ほかにもだるくて朝起きられない、汗が噴き出す、極端に下半身が冷えて腰痛になるなど辛い日々を送っていたのです。

当初、うちには腰痛や冷えの改善を目的に来られ、それらの症状は徐々に改善しましたが、しばらく経って「耳はどうでしょう?」と言われるのです。
若い女の子の割にやたらと電話の声が大きいので不思議に感じていましたが、自分の耳が聞こえにくいものだから大声になっていたのだとわかりました。

ビワ温灸やカーボン光線を用いて施療を続けたところ、3ヶ月弱で耳は聞こえるようになりました。
とても喜んで正月は家に帰られましたが、年が明けてまた来られました。
「耳は良くなったけれどまだ心配だし、何だか手の方もおかしいので・・・」と言われるのです。
見ると手の指が赤くただれ、とくに片側は5本とも指先がヒビ割れてボロボロの状態で、「どんどんひどくなっているんです。これもビワで治りませんか?」とのことでした。

思い返せば私の子供が小さいとき、夏に蚊に刺された箇所が冬場にかけて悪化し、一時ステロイド剤を塗ったものの体に良くないためビワエキスを塗って治した経験がありました。
彼女の場合、自律神経が原因で症状が出ていたのでビワ温灸を行ないましたが、耳や腰のように早期改善とはいかず、むしろ好転反応なのか顔の赤らみや軽い不眠症、便秘気味、全身にブツブツ等の症状が出てきました。

さらには、おへそから変な汁が出てくるため「ビワの葉の菌が入ったんじゃないか」とお祖母ちゃんも心配されました。
「今現れている症状も含めて病院で検査を受けてみた方がいいですよ」
そうアドバイスし、彼女は病院で血液や肝臓等の検査を受けました。
しかし、結果は「異常なし」だったのです。

やがて、少しずつビワ温灸の効果が現れ始めました。夜眠れるようになり、食事も進みだし、表情も明るくなってきたのです。
手の症状が少し軽くなってきて、彼女は便秘が2週間も続いていたことを打ち明けて下さいました。
恥ずかしかったのとどうなってしまうのか自分でも怖かったのとで話せなかったのです。

食養生とビワエキス

そこで食事も含めた養生をした方が良いということになり、東城百合子先生の会合に彼女はお母さんと参加されました。

そこで彼女の手にはビワの葉の煎じ汁とマユから作られた食品酵素が良いと聞いてこられました。
それを聞きビワの葉の煎じ汁を作ってあげました。3リットルのやかんにビワの葉を切って入れ、3時間ほど煮出すと大体2リットルの量になります。それが一番煎じで、さらに二番煎じですら滲みて付けられない状態でした。
薄めて塗るうちに、やがて二番煎じが付けられるようになり、そこから少しずつ一番煎じを混ぜていくようにしたのです。

こうしてビワエキスとマユの酵素により1ヶ月ほどで皮膚が改善し、赤黒く変色していた5本の指は普通の肌色に戻ったのです。
彼女は1年くらい施療を続けるつもりで通っておられましたが、全ての症状が改善し、幸いにも1年経たないうちにめでたく再就職が決まり、自分の家に帰ることができました。

◎和舞(わぶ)
石川県小松市本折町134
TEL:0761−22−0130

◎「和舞」に関する体験談 『ビワと健康』  2008年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 難聴、皮膚疾患が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入