高血圧の予防にビワ酢

沖縄県具志川市 ビワエキス温圧・療術所「琉玄」 木田明夫 代表


一般的に玄米酢は高血圧に有効ということから毎日少量飲むと良いとされています。

この玄米酢にビワの葉を漬け込んで造ったのが天然のビワ酢です。
最近は、その飲み易さから愛飲する人が増えています。

ビワの葉には、アミグダリンを主成分に血液浄化の働きがあり玄米酢との組み合わせは相乗効果が期待できます。
そこでもう一工夫。血圧降下の作用に優れるタマネギやセロリなどの生野菜を切って漬け込み、毎食ごと少量食べることをお奨めします。

ビワ酢は原液ですし、野菜は生なので漬けて直ぐは食べにくいのですが、2、3日おけば味が馴染んで美味しい浅漬が出来上がります。
ただ、ビワ酢が体に良くても基本の食生活に気をつけなければ意味がありません。
高血圧の人は塩分を控え、肉類の過食を避け、野菜や海草類を十分食べることです。

あくまでもビワ温灸やビワの種、食事療法といったベースのうえにプラスアルファーとして紹介させて頂きます。

ビワエキス温圧・療術所「琉玄」
沖縄県具志川市兼箇段1123−5
電話:098−974−2384

◎「琉元」に関する体験談
『ビワと健康』  2007年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > 高血圧の予防にビワ酢
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入