ビワエキス温圧・療術所「琉玄」

沖縄県具志川市兼箇段1132−5
TEL:098−974−5710 携帯:090−7449−0904


三つのビワ療法とレイキ療法、正食療法、そしてEM−X等を組み合わせ、リウマチなど難性の症状に対しても改善の実績を上げているビワエキス温圧・療術所「琉玄」。

代表の木田明夫さんは、自らの体験をもとに30年以上前から玄米菜食の素晴らしさを啓蒙する熱心な自然療法家である。

ビワ療法なしでは成立しない療術の実際とはいかなるものなのか、話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    31年前、もともと胃腸が弱かった私は仕事上のストレスで胃炎を起こしました。このとき独自に玄米菜食を実践し、半年間で体質改善を図ることができました。これをきっかけに正食運動に取り組み、やがて様々な療法を学ぶようになったのです。長年、自宅で指導を続け、その経験をもとに2年前、療術所を開設しました。

  • 施療の内容は?
    ビワ療法、レイキ療法、正食指導を組み合わせています。
    ビワ療法は、温灸器による温灸、温熱パック、エキスオイルマッサージの三つを行っています。レイキ療法は、ハンドヒーリングと呼ばれる軽いタッチの手技です。痛みの症状にはビワ温灸が威力を発揮し、レイキ療法は主に精神面に作用します。この二つの療法を併用することで優れた効果が得られています。正食は森下敬一先生に学び、それをベースに指導させてもらっています。ほかにはEM−Xを多用しているところが特徴的だと思います。

  • EM−Xとは?
    地元沖縄で開発されたEM菌は環境浄化や農業に用いられ画期的な実績を上げていますが、開発のプロセスで見つかったのが抗酸化液すなわちEM−Xです。これは菌ではないので熱に強く、温圧、服用、患部に塗布など用途は多彩です。細胞の蘇生効果や免疫力の強化等に優れ、難性病に有効です。

  • 施術を受ける方々の傾向は?
    首、肩、腰、膝などの関節痛や神経症、リウマチ、便秘など色々ですが、最近は単純疾患の方は減少しています。年配者であってもストレスを抱えておられ、必然的にレイキ療法のウェートが増している状態です。また、ビワエキスにホホバオイルを併せたオイルマッサージは癒しの効果が大きく、とても好評です。

  • ビワ温灸による改善例を教えてください。
    いずれの症状にもビワ温灸は併用しますが、特に印象的なのがリウマチです。足首、膝、手首、肘に痛みを訴えた女性(81歳)は、約1ヶ月のビワ温灸で20年来の痛みが消えました。ほかにも複数のリウマチの方がビワ温灸で痛みが軽減しています。リウマチの場合、患部に直接温灸はしませんが、ビワとの相性は良いようです。

  • 信条を一言。
    人は本来、自身に備わった自然治癒力により病を克服することができるようになっています。
    ビワ温灸やレイキ療法といった施療を通じて自然治癒力を活性化させ、1日も早く治癒に導けるよう祈りながら尽くすこと。それが私の信条です。

◎「琉元」に関する体験談
『ビワと健康』  2002年8月15日号)
※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > ビワエキス温圧・療術所「琉玄」
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入