頚椎捻挫に威力発揮!

沖縄県具志川市 ビワエキス温圧・療術所「琉玄」木田明夫 代表

ソファーに寝そべってテレビを見ているうちに急に首が痛みだし、右腕にも痺れが出てどうしようもなくなって訪ねてきた男性(55)がいます。
頚椎捻挫でした。
肋骨圧迫が原因で下部頚椎の5、6番に歪みが生じたらしく、右腕は痺れとともにかなり強い突っ張り感を訴えていました。

この方は、以前に私が苗木のアドバイザーとしてビワを植えに訪ねたことがあり、そのときからビワ療法について理解し、下地ができていました。
まずは「肝兪」から上部に向けて基本穴を中心にビワ温灸を当て、右腕にも圧痛点や痺れの感のある箇所に温圧を施しました。
初回は反応を見ながら軽めにし、3回目までは1日おきに施療しました。
3回終わった時点で右腕の痺れや突っ張りが取れたので、4回目からは週2回、6回目からは週1回とし、10回目で完全に症状が消え、念押しで11回目を行なって終了しました。

2回目から最終回まで首周辺には温パックも併用しました。EM−X(液体)とティーツリーと呼ばれるアロマ系オイル、そしてビワエキスをティッシュに含ませてラップを被せ、52℃の温パックを40分当てました。
これは面で温めるソフトな刺激が特長です。

また、腕に関しては「合谷」や「曲池」といった基本穴と圧痛点にビワ温灸を行ないました。
座骨神経痛もそうですが、歪みから生じる痛みにはビワ温灸は威力を発揮し、割とめどがつきやすいと思います。
もちろん、ソファーに寝転んでテレビを見る習慣は御法度としました。

犬の病気にはビワの種

もう一例、紹介します。
ペットのフィラリア線虫からくる症状の改善です。
蚊を媒介として発症するこの病気は、沖縄では特に多く、以前は人間もよくかかっていました。

お客さんの飼う犬がこれにかかり、睾丸が腫れて食欲もなくなっていました。
たまたまわが家のペットもこの病気にかかり、ビワの種(焙煎粉末)で改善したことを話すと「みて欲しい」ということになり、人を施療する場所だけに少し躊躇もありましたが、やむなく連れてきてもらいました。
症状の程度やペットの体躯によってビワの種の量は変わってきます。適量のビワの種を黒砂糖を少量混ぜたお湯に溶き注射器で口の中に流し込みます。

犬は甘いものが好きなので抵抗なく飲みます。
1日1〜2回、2週間ほどで症状は改善します。
結局、4匹の面倒をみましたが皆同程度の期間で改善しました。
中型犬で症状が軽い場合は小さじにすりきり一杯が目安です。

注意すべきは白砂糖や蜂蜜は避けるということです。癖になってしまうからです。
うちでは、その後も予防的に小さじ半分程度を与えています。
ヨーグルトに混ぜて与えるのも食べさせやすい方法です。

◎ビワエキス温圧・施療所「琉玄」(ご紹介はこちらです。)
沖縄県具志川市兼箇段1132−5
TEL:098−974−5710
携帯:090−7449−0904

◎「琉元」に関する体験談 『ビワと健康』  2005年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 頚椎捻挫に威力発揮!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入