リウマチの痛みが軽減

ビワエキス温圧・療術所「琉元」代表 木田明夫 さん 

リウマチは完治が困難な病気ですが、ビワ療法によって辛さが軽減するケースは少なくありません。
亜熱帯の沖縄で陰性疾患のリウマチと聞くと意外に感じるかもしれません。
しかし、実際には結構多くの方がリウマチで苦しんでいます。

私が1週間に2回訪問している81歳の女性は、二十数年リウマチを患っており手足の指の関節はすべて痛々しいほど曲がっています。
しかし、医者が不思議がるほどに現在は痛みもなく、杖なしで普通に歩かれるし、RAもマイナスとなっています。
彼女が初めて来たのは2年半ほど前、足首と肘の痛みを訴えてでした。

出張の形式でビワ温灸を行うことにしたのですが、彼女にはビワ温灸が肌に合うようで始めてすぐに改善がみられ、1ヶ月過ぎたときには完全に痛みが消えていました。
他の部分への進行防止と精神的ケアの両面から施術を続けてきましたが、雨の日や湿度の高い日などは気分が憂鬱になるようです。
通常、リウマチでは直接患部にビワ温灸は行いませんが、彼女の場合はリウマチ反応がマイナスなので全身の基本のツボとともにリウマチの患部にも温灸を行ってきました。

昨年2月、棒モグサから遠赤外線のビワ温灸器に切り替えました。
状態は良好で施術を受ける日は自主的に薬の服用を控えているほどです。
最近出てきた首周辺の痛みも、後頭部や耳の後ろに重点的に温灸を施すことでかなり改善されてきています。

ビワ温湿布も有効

ほかにも、私のところではリウマチの方が多いのですが、リウマチ反応がプラスの場合は患部に直接ビワ温灸はできません。
その時は、炎症や痛みのある箇所にEMエキス(ビワエキス+EMX)の低温短時間湿布を行っています。
EMエキスをティッシュに浸して患部に貼り、その上からラップをし、電気式のホットパックをのせるのです。
温度は48℃、時間は15分が目安です。
このビワ温湿布は好評で、仕事に差し支えないくらい痛みが軽減した、などの効果が得られています。

前述のごとくリウマチは簡単に完治する病気ではありません。しかし、こうした改善の積み重ねとお客様への精神的ケアが難病と闘うこころを前向きにし、心と身体を開放的にしてくれるのです。
心身の健康はビワ療法から…そう確信しています。

◎ビワエキス温圧・療術所「琉元」(ご紹介はこちらです。)
沖縄県具志川市兼箇段1123−5
電話:098−974−5710
携帯:090−7449−0904

◎「琉元」に関する体験談 『ビワと健康』  2001年9月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > リウマチの痛みが軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入