子宮筋腫が短期退縮!

愛知県北名古屋市 リラックスルームサルビア 浜川嘉津子 代表

子宮筋腫かそれとも子宮ガンか・・・、検査結果を待っている状況の女性(50代)が訪ねて来られました。

出血と痛みによる症状で病院にかかり、処方された薬で痛みは多少収まっているものの卵巣付近は腫れて硬くなり、足も異常に冷えていました。

『子宮ガンだったらどうしよう・・・』という不安からウツ気味の様子でした。

週3回のペースでビワ温灸を始めました。
ご本人の家にビワの木があり、東城百合子先生の著書でビワ療法についても知識があって「なるべく自然療法で改善を図りたい」とのことでした。

足が冷えていたので、まず足湯(ビワの入浴剤入り)を10分ほど行ない、次にビワ温灸を基本のツボに沿って全身に行ないました。
但し、炎症が感じられる下腹部には控えました。
うつ伏せの状態で、足湯で温まった足裏から脚、腰、背中、首、頭部の順に後背部を施療し、その後、仰向けの態勢で、前面部を施療しました。
「八ビュウ穴」から「命門」付近まで患部の裏側にあたる部位や背骨の両側の「肝兪」「膈兪」「心兪」等のツボで反応が良く、ご本人も「眠くなるくらい気持ち良い」と喜ばれました。

施療を始めて10日経ったころ検査結果が出て、子宮ガンではなく子宮筋腫との診断がなされました。
「ビワは毎日続けたほうが良いですよ」とお伝えし、来られない日は自宅でビワの生葉を2枚、下腹部にあててさらしを巻いたり、痛みの強いときはビワの葉パスタを行なうようにして頂きました。

施療中、不思議だったのは、ビワ温灸を始めると決まって途中でトイレに立たれたことです。
普段は排尿の回数が少ないそうで、「嬉しい」と喜ばれました。
確実に代謝が高まっているようで体もポカポカして、やがて痛みも軽減していきました。ビワの葉茶や生姜紅茶を飲んでもらったこともプラスになったと推測されます。

7、8回目の施療時には痛みは殆どなくなり、それに伴って下腹部の腫れもひいてきたようで、ビワ温灸は週2回にしました。
医師から「お腹を冷やさないでね」とアドバイスされたと聞き、それを手掛かりに炎症が収まったと判断、下腹部にも直接ビワ温灸を当て始めました。

驚いたのは初めて患部にビワ温灸器を載せたときの感触です。その軟らかさに思わず「あれっ」と声が出たほどです。
明かに初めのころとは違っており、本人も「触っても堅くないんですよ」と変化を口にされました。

施療を始めて4ヶ月。痛みも腫れもなくなり、医師が驚くほど筋腫は退縮し、薬の服用も必要ないと言われたのです。
勿論、ご本人は大喜び。体調好転反応も、3回目まで施療後にだるさがあった程度でそれ以外は大きなものはなく、順調な改善でした。

ネフローゼも改善

ネフローゼの症状が改善した女性(20代)もいます。
この方は特に頭痛がひどく、体全体がむくんで冷えており、トイレの回数も少ない状態でした。
ずいぶん以前から症状はあったようで、疲れやすくて仕事はできず通院しておられました。

「むくみと頭痛で悩んでいるのでとにかくリフレクソロジーでリラックスしたい・・・」との希望でした。
うちではリフレクソロジーもしています。ただ、この方の場合はビワ温灸が適切だったので、「リフレクソロジーは代謝が良くなってから」と了承を頂き、週1回のペースで足湯とビワ温灸を続けました。

施療ポイントとしては、基本のツボに加え腎臓に関連する「腎兪」や「肝兪」「胃兪」等をしっかり温めました。
頭痛の原因は、疲れやすくて仕事が出来ないことのストレスや体の冷えなどが感じられましたが、ビワ温灸を続けることで代謝が良くなり夜もよく眠れるようになりました。

施療を始めてから約半年、調子が良くなってきたので2週に1回、さらに3週に1回とビワ温灸の回数を減らしていき、やがて希望のリフレクソロジーを併用するようになりました。
今では頭痛は殆ど気にすることなく、一応お守り程度に薬を携帯するものの難なく外出できるようになっておられます。

◎リラックスルーム サルビア(ご紹介はこちらです。)
愛知県北名古屋市
TEL:090−7602−6550

◎「リラックスルーム・サルビア」に関する体験談

『ビワと健康』  2007年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮筋腫が短期退縮!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入