耳鳴りの苦痛を解消

千葉県木更津市 金山鍼灸整骨院 金山光夫 院長


耳鳴りは原因が掴めないので完治が難しい病気ですが、施療にビワ温灸を併用することで音のトーンが徐々に下がり、気にならないレベルにまで改善する例は少なくありません。

症状が重いほど高音がするといわれる耳鳴りは、東洋医学的にいうと首周りから肩にかけて気の滞りを解消するのが治療のポイントとなります。

首、肩にビワ温灸を施すことでトーンとともに音量が半減することは珍しくありません。
有効な手段としてビワ温灸を用いていますが、70代の女性で完全に耳鳴りが取れた方がおられます。

3年前から当院に通っておられる方で、耳鼻科では「絶対に治りません」と言われたそうです。
週2回、もしくは週1回の割合で通われ、その都度首と肩にビワ温灸を行なってきました。
1年から1年半かかりましたが、常時キーンと響いていた音は完全になくなりました。

取穴は、「天柱」「風池」「肩井」「膏盲」で、毎回10分間当てました。
参考にしてください。

牛の膝にビワエキス

以前、酪農家で数百頭の牛を飼っていたという方が患者さんとして来られましたが、ビワ療法について興味深い話をされました。
大きな身体を支える牛の足には相応の負担が掛かります。前脚から折り曲げて座り、その姿勢で眠るためかヒザを傷めて腫らしてしまうそうです。

そのとき獣医さんからアドバイスされたのがビワエキス湿布だったのです。
葉の裏にうぶ毛が多いものを選んで煮出し、そのエキスをタオルに含ませて傷めたヒザに巻いておくよう指導され、随分とその方法を行なったそうです。

牛は痛みを訴えないので、鎮痛効果というよりは炎症を抑える作用があったのだと思われます。
酪農の世界でも伝統的にビワ療法が用いられてきたことを思うと奥深さを知る思いです。

◎金山鍼灸整骨院(ご紹介はこちらです)
千葉県木更津市桜井新町3−1−17
TEL:0438−37−7800

◎「金山鍼灸整骨院」に関する体験談
●金山院長のブログはこちらです。
『ビワと健康』  2007年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 耳鳴りの苦痛を解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入