五十肩の痛みに好反応!

山口県周南市 冨永酒造(加賀屋工房) 冨永貴子 さん

ビワ温灸で五十肩の痛みが軽減した女性(49)がおられます。

この女性は仕事柄、腕を酷使するため昨年も肩や腕の痛みで訪れ、1ヶ月ほどで改善をみましたが、今年の秋口にも仕事量が増えたことが原因で症状を再発させてしまいました。

痛みが走って腕を上げることができず、夜もズキズキ疼いて眠れないという状況でした。

痛みの箇所にビワ温灸を行なうと、 「痺れるけど気持ちいい。そこが悪いんじゃねぇ」 と、しみじみ”痛ギモ”を口にされました。
実際、ビワ温灸を受けると腕の痛みが緩和され、よく眠れるそうです。
ただ、仕事量が減ったわけではないので、症状はかなり改善してはいますが現在も週1回〜2回、ビワ温灸を続けておられます。
施療は「カク兪」から「肺兪」、そして「肩井」を結ぶ肩甲骨周辺に、首筋や腋窩(腋の下)など五十肩のツボを中心に行ないます。

この女性の場合、特に二の腕に重だるさがあったのですが、「ヒ臑」のツボで大きな反応がみられ、そこを重点的に施療することでよい経過がみられました。
参考にしてください。

長年の腰痛が解消

背中や腰の痛み、体のだるさ等で今夏から通う女性(81)がおられます。

健康ジュースやサプリメントなど健康に対する意識はあるのですが、睡眠導入剤を始め便秘や胃、血圧など5種類の薬を毎日服用している状態で、それでいて不調を訴えるため、見かねた知人がうちに連れてきた方です。
舌は白く苔状に包まれ、黄色味がかって胃が荒れているのは明白でした。

初回のビワ温灸の途中、嘔吐されました。高齢なのでうつ伏せ姿勢による圧迫が負担になったのでしょうが、好転反応という要素も感じられました。
それでも、この1回目のビワ温灸で「何年も鍼治療に通い続けても治らなかった腰の痛みがきれいに取れた」と感謝されました。

2回目以降は横向きで施療し、体に負担を掛けないようにしました。
施療を始めて3ヶ月が経過し、痛みの問題は解消したのですが、「体のだるさがなかなか取れない」とこぼしておられます。
おそらく薬の影響が強いと思われますが、「薬を飲まないと不安で過ごせない」と、症状の善し悪しに構わず服用しておられるため、ご本人の判断に任せるしかありません。

ともあれ、全般的にはビワ温灸が改善に寄与していることは確かです。

ビワ温灸で冷えを実感

更年期障害ではないけれど、「体が火照り、暑くて暑くて足を布団の外に出さないと眠れない」という女性(42)は、通い始めて3年目になります。

血圧が高く、喘息のある方ですが、当初、ビワ温灸を行なっても体に熱が入らないため体がかなり冷えていることを伝えましたが、現れている症状が真逆だったので容易に理解できない様子でした。
「例えば、手を氷水に浸けた後で暖めるとジンジンして暑く感じるでしょう。本当は冷えていても・・・」とお話しすると、「ああ、なるほど」と頷かれました。

ビワ温灸の回を重ねるにつれて冷えが取れ、1年経ったころには自身の冷えを実感できるようになり、「やっとここまで回復した」と話されました。
自らホットパックや足湯など冷え取りに努力しておられますが、ビワ温灸の浸透熱は別格のようで、「これに敵うものはない」と言われます。
この女性は看護師で、仕事が多忙なうえ家事や母親の介護など一人何役もこなしておられます。
心身ともに疲れるため、最近は睡眠不足やストレス解消の目的で定期的に通っておられ、「ビワ温灸は落ち着く」とのことです。

◎冨永酒造(加賀屋工房)(ご紹介はこちらです)
山口県周南市櫛ヶ浜72
TEL:0834−25−0345

『ビワと健康』  2005年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 五十肩の痛みに好反応!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入