アトピー性皮膚炎が改善

京都府京都市「ひまわり」 前田一枝 代表

経絡マッサージとビワ温灸でアトピー性皮膚炎がきれいに改善した女性(40歳位)がおられます。

この女性は長年アトピーを患っており、10年前まで病院で処方されたステロイド剤を塗っていたそうですが、肝臓や腎臓の調子が悪くなったため漢方に切り替えていました。

当院に来られたのは昨年5月で、当初はアトピーの改善が目的ではなく全身の疲れを取るべくマッサージに通っておられました。

顔は赤いし耳たぶも潰れそうな感じでアトピーがひどいことは一目でわかりましたが、こちらからは敢えてそれには触れず1年が経ちました。
特に夏場になると症状が悪化し、秋から春先までの期間は割と症状も収まっている様子でしたが、体のあちこちが紫色に変色して硬くなり、完全に治りきらないまま年月が過ぎている状態でした。

今年5月、温かくなるにつれて次第に症状の悪化が感じられたため「しんどいのと違うん?」と初めてアトピーの症状について触れました。
彼女から前述のいきさつを聞き、「ビワ、やってみる?」と尋ねると、そうしたいとのことで温圧を始めることになりました。
私は直感的にピンとくるところがあり、鎖骨の下の「兪府」から「中府」にかけて重点的に当てました。

また、「天窓」「膻中」「巨闕」「天枢」「中脘」「大巨」「気海」「関元」等にも当てていくうちに徐々に改善が進みました。(「頭・胸・お腹のツボ」を参照)
ビワ温灸を行なう頻度は月3回程度で、温圧時にはビワエキスをしっかり塗りました。

腕の内側や膝の裏などは皮膚が硬くなっているのでエキスを塗っても沁まず、顔や胸でジュクジュクした箇所でも体を温めてからだとエキスを塗っても沁みるとも痛いとも言わず、さらに背中にもエキスを塗って温圧を行ないました。

ただ、最も症状のひどい耳たぶだけはエキスを塗ることは避けましたが、ビワ温灸を行なうと不思議なくらい症状がスーッとひいていきました。

この女性は、筋肉質で非常に体格が良く食事も片寄りがちに思えたので、まずヨーグルトを食べるように勧め、食事のアドバイスも行ないました。
とても素直に受け入れ食事に気を付けたことも改善に繋がったと思います。

周知の如く、今夏は記録的な猛暑でしたが6、7、8月と3ヶ月間ビワ温灸を続け「すごく楽で気分良く過ごせました」と喜んでくれました。
つい先日、かつての大変さを微塵も感じさせない笑顔で来院されました。もちろん、耳たぶも奇麗になっていました。

◎ひまわり
京都府京都市右京区山の内西浦町21−8
TEL:075−315−1163

(ひまわりに関する体験談)
  • 首の硬結ほぐしが肝心
  • 精神的疾患にビワ温灸

  • 『ビワと健康』  2004年11月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > アトピー性皮膚炎が改善
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入