首の硬結ほぐしが肝心

京都府京都市 「ひまわり」 前田一枝 代表


アトピーではないけれど体が痒く、掻くと赤くなり余計に痒みが増すといった症状で訪ねて来られた女性(40歳位)がいます。

色白で京美人といった雰囲気の方で血管も皮下深く沈みいかにも肌が弱そうな印象がありました。

この方の症状の特徴として首の後背部に硬結がみられました。
ツボでいうと瘂門の下で僧帽筋が上がってきて膀胱経に入る位置の左右の筋肉に硬いシコリが出来ていました。
このシコリは血液の塊です。それによって筋肉が圧迫をうけ、血流が妨げられて神経の流れにも悪影響を与え、背中全体が硬くなり、これが女の人の体かと思うほどでした。
こういう状態だと肩をいくら押しても、揉んでも、背中の硬さを取ることは出来ません。
男性でも同様の症状の方はおられますが、僧帽筋が非常に硬くなってツボを取ろうとすると指に当たるのです。
この場合、首のコリをほぐすことで硬結がスーッと消えてしまいます。
経絡マッサージは手でも足でも先端部から経絡に沿って心臓に流すように行ないます。

頭部と顔にしっかり指圧を施し、腹部は温灸器にビワエキスを入れずに熱だけでツボを温めてリンパの流れを促進させ、背中はビワエキスをしっかり注入して温圧を施しました。

この女性の場合は、経絡マッサージとビワ温灸を週1回の割合で行ない、10回ほどで硬結が取れ、それに伴って皮膚の症状が改善しました。

背中の痛みが解消

30歳位で、背中が痛くて仕方ないという女性が来られました。
やはりこの方も首の横の僧帽筋に硬結があり、血の塊が骨のようになっていました。

仕事の内容も影響していましたが、頚椎の形状にも問題がありました。
通常、頚椎は緩やかにS字を描いていますが、この方は生まれつき少し平らになっていました。
人の頭の血液は首を通過して、外頸静脈に弁がないので引力で下がるのが普通ですが頸部に硬結があるとそこから下がりません。
うっ血状態になって後頭部がズキズキ痛んできます。

この方の硬結はかなりのものでした。
頸部は7本の骨で構成され横に神経が出ているので、指圧でグッグッと押せるものではありませんし、押したからといって改善するものでもありません。
それにはコツがあり、首自体には影響を与えないで硬結の血液を心臓に引かせるのですが、これは施術者の気が必要です。
気を入れ込みながら血液を動かしていくので、私の体がものすごく疲れることもあります。
要するに気を流して体をリラックスさせるのが私の役割です。ですから施術をうける人には、委ねて頂かないと結果が出にくくなります。
頸部は決まったところしか触りません。血液を流して心臓に戻すだけで、循環を促進させるのです。

ビワ温灸も経絡マッサージと同様で、温めることで内分泌の働きを活性化させ、ホルモンや気の流れを整えるわけですから、100%これは良いと感じます。
経絡マッサージとビワ温灸で、この方もほどなく改善しました。

深呼吸と足の指圧

ビワ温灸を行なう上で大切なことはお客様にリラックスして頂くことです。
いざツボを押さえかけると皆さんキュッと硬くなって交感神経を働かせてしまいます。
すると疲労したのと同じ状態になり、熱さや痛みを感じてしまいます。

ビワ温灸をやたらと熱がる人がおられますが、それは緊張によることが多くあります。
まず、大きく深呼吸して頂きます。副交感神経が働いた状態にしたうえでビワ温灸を施すと同じ時間施術しても全然結果が違ってきます。
深呼吸の次は、湧泉や失眠など足底をしっかり押して脳のアルファー波を出させて頭の血流を促します。
こうすることで体の力が抜け、非常にやりやすくなります。

但し、私の施術では、いきなりビワ温灸は行ないません。
軽く全身をマッサージして気が流れたところに前述の要領でビワ温灸を行ないます。そうすることで効き目が速くなります。
従ってビワ温灸はくり返して当てません。1回通り当てるとそれで終わり。必要なところのみ2、3回当てれば十分です。

女性のお客さんでリンパの腫れる人が増えています。大動脈、大静脈から鎖骨の穴盆の箇所に入っているリンパ節が腫れて熱を持っている状態です。
これを放置すると三叉神経にまで悪影響を及ぼし、やがて顔が腫れてきます。

これもリンパの流れを整えて、静脈と一本に結んで心臓に返していくようにします。
経絡マッサージもビワ温灸も筋肉に当てることを考えるとうまく出来ません。神経の流れを掴み、施術することが大切です。

◎ひまわり
京都府京都市右京区山の内西浦町21ー8
TEL:075−315−1163

(ひまわりに関する体験談)
  • 頸椎捻挫の後遺症に威力
  • 精神的疾患にビワ温灸
  • 『ビワと健康』  2004年12月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 首の硬結ほぐしが肝心
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入