気管支炎の咳が止まった!

東京都北区 金山美保 さん (27歳)

4月末、風邪をひいてしまいました。
熱が下がった頃から咳が出始め、そのうち声はガラガラ、鼻水もひどく、夜は咳き込んでほとんど熟睡できない状態になりました。

2日後、やむを得ず病院に行きましたが《急性気管支炎》と診断されました。

声を出すのも辛かったのですが、診察を受けたその足で出勤しました。しかし、私の様子を見かねた上司に休暇をとるよう勧められ、2日間お休みしました。

出来る限り安静を心掛けました。ようやく咳が鎮まりかけたのも束の間、もともと私は胃腸が弱いため病院で出された8種類の薬は強過ぎて、受け付けなくなってしまいました。

再びぶり返した咳に困り果てていましたが、知人の勧めからビワの葉温灸を受けることにしました。

足の裏から始めて腰、背中へと下半身から上半身に順繰り1時間ほど手当を受けましたが、不思議と鼻がスッと通るようになり、切れ目なく続いていた咳も次第に鎮まって、その日は何日かぶりによく眠ることが出来ました。

翌朝、もう一度手当を受けましたが、前日さほど熱く感じなかった温灸が熱く感じられ、身体中がポカポカとして、すっかり咳が出なくなりました。
おそらく身体が冷えて感覚も鈍くなっていたのだと思います。

ビワの特徴は即効性

昔から冷え症、肩こり、腰痛持ちの私は、ことあるごとに《気功整体》や《姿勢均整術》等の施術を受けてきました。
そんなこともあって自然治癒力を高める健康法には関心があるのですが、今回のように1回の手当ではっきりと効果を感じたのは初めてです。

聞けば非常に手軽な療法で、コツを掴めば誰にでも簡単に出来るとのこと。

自分の健康管理もそうですが、家族や友人など身近な人にも喜んでもらえるのではないかと思い、数日前からビワの葉療法の成り立ちや身体のツボについて勉強を始めたところです。

『ビワと健康』  97年6月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 気管支炎の咳が止まった!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入