風邪のひき始めに効果

東京都町田市 熊谷康弘 さん (25歳)


母が3年前に乳ガンになり、昨年12月には肺への転移が判明しました。リンパ節にも転移が認められ、現在抗ガン剤の投与を行っています。

私は以前からビワの葉療法に興味があり、『ビワの葉パワー健康法』を読んだのをきっかけに電気式の温灸器を購入しました。(書籍についての情報はこちらをご覧下さい。)

ビワの葉に含まれるビタミンB17には制ガン作用があり、科学的な裏付けがあることに強くひかれたのです。

1回の温灸で、手術以来続いていた右手の冷えが取れました。これには驚きました。左手と同じではないまでも、ほぼ同等の温かさまで回復しました。
温灸を当てた箇所は、首、胸、腰、足など全身です。

併せて脈も強くなってきました。時々ヌメヌメと弱々しかったものが、とても順調になり、肺の回復を思わせる兆候として大変期待しています。

また、ビワの葉温灸の威力は私自身の風邪でも実感しました。
ストーブの前にいてもゾクゾクと寒気がし、節々が痛んで明らかに翌日は悪化するケースでした。
左の胆経の経絡上の筋が張っていましたから、風邪のツボである大椎、天柱、風池、瘂門、さらに失眠、臨泣などにじっくり温灸を施しました。

特に臨泣のツボにはズーンと響く感じがあったので、夜はビワの生葉を貼って早めに寝ました。
翌朝はスッキリ目覚めました。未然に風邪を防ぐことができたのです。

兄も同様の体験をしました。首筋がぞくぞくするというので、大椎、天柱、風池、瘂門、足の三里、三陰交、合谷に温灸を施したところ、これも翌日にはきちんと治っていました。

母は、温灸をずっと続けています。ビワの種の錠剤も呑んでいます。ビワの力が有効に働いて、ガンが克服できるよう家族で支えていこうと思っています。

『ビワと健康』  99年4月15日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 風邪のひき始めに効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入