アトピー性皮膚炎が改善

栃木県那須郡 田代接骨院 田代富夫 院長

アトピー性皮膚炎の改善例を二つ紹介します。

まずは、小児時代からずっとアトピーという女性(21)の例です。
長年、ステロイド系の塗り薬、飲み薬を続けてきたこの女性は、最近、薬が効かなくなってきたことと体への悪影響を心配して当院を訪れました。
当院で行なうアトピーの改善法は、東洋医学の考え方に基づいて体内に蓄積した有害なものを吐き出させる方法でステロイド剤を用いて押さえ込む一般的な西洋医学のやり方とは対極にあります。
改善の過程で、体内の悪いものが一気に噴き出す時期(リバウンド)があるため覚悟を決めてから取り組んで頂いています。

この女性の場合、食事療法、ビワエキスのパッキング、酵素入り化粧水の塗布を行ない、ビワ温灸は1ヶ月後から行ないました。
ビワ温灸はアトピーの改善に欠かせない療法ですが、症状に合わせて開始時期を選択することになります。
ちなみにビワエキスのパッキングは脱脂綿にビワエキスを含ませて肌にのせ、ラップを被せてホットパックを当てる方法です。

リバウンドは早い人で1週間以内、遅い人でも1ヶ月以内に出てきます。
この女性は開始後3日目で激しく出ました。顔、首、胸、腕、足などかなり強いリバウンドで、最も激しく出たのは顔面でした。覚悟はしていたとはいえ泣いておられました。
それでも、背に腹は代えられず頑張りました。1ヶ月経過した時点でビワ温灸を開始。
経穴は「壇中」「盲兪」「肺兪」「腎兪」等を用いました。アトピーなど皮膚系の疾患には必ず肺経、大腸経に温灸を行ない、それに「胃兪」または「腎兪」の経穴をプラスします。

この女性は足の冷えが強かったので腎経を用いましたが、消化器系の弱い人の場合は胃経を用います。
また、必ず行なうのがレインボーパワーと呼ばれるツボ刺激療法です。これを全身に5分ほど行なってからビワ温灸を施します。

私が行なう方法での改善は1クール3ヶ月ですが、3週間くらいで改善していく様がはっきりと感じられるようになります。
傷が塞がり、湿疹が収まり乾いてくる。痒みも徐々に鎮まりますが、痒み対策としてはビワの種(粉末)が奏効しています。
これは痒みが強い人ほど顕著で、スプーン一杯飲むと30分〜1時間くらいで痒みが収まります。
この女性も3週間で変化が見られ、その後何回か皮膚炎を起こしたものの3ヶ月が過ぎた時点で頬に少し症状が残ってる程度できれいに改善しています。

アトピー自体の炎症と掻いて起こした皮膚炎とをごちゃ混ぜに捉えている人がいますが、きちんと分けて対策する必要があります。改善には家庭での環境作りも大切で、お風呂の塩素を取るために竹炭を入れるとか自然素材の石鹸に代えるとか、まめに手洗いを心がけるなど食事以外にも工夫が必要です。
リバウンド時にはショックを受けたこの女性も、21年間続いた悩みが3ヶ月で改善し、帽子で顔を隠すようにして訪れた姿とは打って変わり、明るい表情に変わっています。

リバウンドに学ぶ

もう一人は、25歳の男性です。16歳でアトピーが出て、ステロイド歴は8年。顔面は赤むくれ、胸や背中にも湿疹がポツポツとあり、1年くらい前から薬を塗っても効果が得られなくなっていました。とりわけ目の周りは痛々しい状態でした。

前述の女性同様、酵素入り化粧水とビワエキスのパッキングを施しましたが、2週間経ってからリバウンドが出ました。
顔、首、胸、背中に出ました。最初は赤く腫れ上がり、やがて皮膚がむけ始めて、それが固まると部分部分がひび割れ、やがて灰を被ったミイラのような皮膚になりました。

角質化した皮膚がボロボロ落ちる様は異様ですが、これは急激に代謝が高まり、新しい皮膚が出てくる兆しなのです。
こうした状態を何度かくり返すときれいな皮膚が見え始め、悪いところと良いところの面積が徐々に入れ代わっていくのです。

この男性も3ヶ月で改善しました。途中で食事や衛生上の課題により2回リバウンドがありましたが、このリバウンドを通じて自己管理の仕方を学ぶこともあるので、一概にダメというものでもありません。

◎田代接骨院
栃木県那須郡南那須町田野倉371−1
TEL0287−88−2212

◎「田代接骨院」に関する体験談 『ビワと健康』  2003年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アトピー性皮膚炎が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入