母子の手繋ぎが治癒に導く

栃木県那須郡 田代接骨院 田代富夫 院長

アトピー性皮膚炎は、食事が如実に影響を及ぼす病気の一つで、施療できれいに収まった人でも食生活を疎かにすると再び症状が出てきます。

こうして芯が治っていないまま溜め込んでいる人は、その許容量を超えてしまうと症状が出始め、容易には収まらなくなるのです。

逆に、体を良い状態に保つと排泄機能が高まり、悪いものを溜め込まず、直ちに症状として現れます。
この場合は、症状は軽く短い期間で改善します。

これに関連しますが、当院では小児の場合、ユニークな施療を行なっています。
1日1回、お母さんと子供で手を繋いでもらうのです。
右手と右手、左手と左手で交差する形で握ります。

時間は1分以上、出来れば5分くらい。
子供が嫌がる場合は寝ているときで構いません。
気功の考え方だと、「労宮」というツボが気が出入りしやすいといわれ、左手から入って右から出ることになります。
但し、お母さんの悪い症状を改善してからでないと駄目です。
ただ手を繋ぐだけで何も意識する必要はありません。人間の体は自然に気が流れるようになっており、伝わるということです。

取り組んで10年ほどになりますが、喘息などで抜群に効果が上がっており、我々の治療家グループの間でもかなりの症例が得られています。
年齢は10歳位まで。お父さんではなく、お母さんが良いのです。

◎田代接骨院
栃木県那須郡南那須町田野倉371−1
TEL:0287−88−2212

◎「田代接骨院」に関する体験談 『ビワと健康』  2007年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 母子の手繋ぎが治癒に導く
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入