発作収まり脳波も安定

東京都多摩市 枇杷葉温圧・かいろ 代表 冨田靖晴 さん

平成13年に紹介した渡辺健斗くん(7歳)の最近の様子と、他にいくつかの改善例を紹介します。

健斗くんは、脳性小児マヒにより手足の可動が不自由なうえ頻繁に点頭てんかんの発作がおき、自力排便が困難だったり斜視があったりとなかなか大変な状態でした。
ご両親に支えられ週1回根気強く通い、排便の問題を克服、感情表現も豊かになり、手足の可動も随分と活発になりました。

また、ビワの葉温灸により右目の斜視もほぼ正常に回復したのです。(前回の体験談はこちらです。)
あれから2年近く経ち、健斗くんはさらに成長しています。立ち上がることは困難ですが、太股にはしっかり筋肉がつき、身長も平均を上回るほどです。

著しい変化が今年の2月ころから現れました。点頭てんかんの発作が殆どなくなったのです。それまでは小刻みに起きる発作が1日中続いていましたが、全く起きないのです。
脳波の乱れについても3月の検査で非常に安定していることが分かったそうです。
脳波計に写し出される波形は極めて緩やかになっているとのことです。

薬を変えたことや小学校に上がって刺激が増えたこと、年齢的にアルファー波が出てくる等の要因が考えられますが、ベースには気功カイロとビワ温灸があるのは確かなようです。

ビワ温灸は顔色を見ながらツボを探ります。同じツボでもその日によって感じ方が違うようですが、時には自分で頭を探りながら温灸をせがんで私の手を引くこともあります。
ビワの葉は正直で、状態が悪いと変色が激しく、当てた瞬間に黒くなることもあります。まるで体調を計るバロメーターです。
手足の力がうんとつき、喜怒哀楽の感情表現が豊かになった健斗くんが、さらに成長していくのを楽しみに励みたいと思います。

乾燥肌にビワの葉茶

ビワの葉茶による改善例では、40歳の舞台俳優さんがいます。舞台照明とどうらんで肌の乾燥がひどく、激しい動きにより衣装で肌が切れる状態が続いていました。
私が勧めたのはビワの葉茶です。お風呂上がりにビワの葉茶を含ませたタオルを固く絞り拭くのです。
これは彼の子供のアトピー性皮膚炎にも良かったらしく、同様の方法で随分改善したとのことでした。
花粉症には、ビワの葉茶を化粧用コットンに含ませて目を拭いたり、ティッシュに含ませて鼻の中を拭くと良い効果が得られます。

また、1歳2ヶ月の多動児(女の子)のケースでは、ビワの葉温灸が有効でした。温灸を当てると1ヶ月〜1ヶ月半、健常児と殆ど変わらないくらい落ち着いていたのです。間近に手術を控えていたため施術は途絶えていますが、続けるときっと良くなる気がします。

◎枇杷葉温圧・かいろ (ご紹介はこちらです。)
東京都多摩市南野3−6−27
電話:042−372−4011

◎「枇杷葉温圧・かいろ」に関する体験談 『ビワと健康』  2003年5月15日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 発作収まり脳波も安定
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入