バランス整体研究室

長野県松本市芳川小屋1071 TEL:0263−58−6573


施術室は12畳で休憩室は20畳。ゆとりある空間と楽しさ溢れる会話で来訪者を寛ぎへと誘う「バランス整体研究室」は、清沢仙頼室長とるり子夫人の二人三脚で織りなす癒しの場である。

もともと「るり美容室」が基盤というだけに女性客が大半を占め、長年の信頼関係から理想的なリラックス感が形成されている。

整体とビワ温灸の使い分けや相乗効果など、話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    20年前、腰痛に悩まされた時期があり、整骨院で治らなかったものが整体で改善し、それがきっかけで興味をもちました。
    12年前から少しずつ経験を積み、2年前に本格的に開業しました。

  • こちらの特徴は?
    もともと家内が美容室をやっており、そのお客様を対象に整体を始めた経緯から女性客が多いのが特徴です。
    美容室自体、弱酸性美容法を取り入れた健康志向です。
    整体は私、ビワ温灸は家内とそれぞれ分担して行っていますが、美容を通じて旧知の方が多いだけに「安心して通える」と喜んでもらっています。

  • 整体での施術内容は?
    脊椎、骨盤調整により身体の歪みを正します。人には各々身体の使い方に癖があります。その癖を直すお手伝いをするわけで、具体的には関節周りの筋肉を緩め、凝りをほぐして関節の可動域を拡げます。
    日常の歩く、座る、立つという三つの姿勢に現れる悪い癖をどう改善するかという生活指導もしています。
    これには《真向法》に則ったストレッチを用います。
    ビワ温灸には筋肉を柔らかくする働きがあり、整体と併用すると一層効果的です。

  • ビワ温灸導入の経緯は?
    健康食品の関係を通じて存在を知り、初めは棒モグサのビワ温灸を行っていました。
    身体が温まり、筋肉がほぐれ、痛みがとれる。しかも即効性に優れている。ただ、煙、臭い、灰等が難点でした。
    5年前に遠赤外線の温灸器を導入して、それらの問題は全てクリアしました。
    腰痛などはビワ温灸を行ってから整体に入ります。

  • 改善例を教えて下さい。
    脳梗塞の後遺症で歩行が不自由だった男性(60歳)が、5回のビワ温灸で自然な歩行に改善しました。
    また、交通事故によるムチウチ症の男性(62歳)は、頚椎がずれて手足に障害がありましたが、整体とビワ温灸の併用で見違えるほど歩行に改善がみられました。
    ぎっくり腰にも有効ですし、女性の冷え症やパソコンによる眼精疲労などでも改善例は多いですね。

  • 最後に信条をひとこと。
    身体を癒すばかりでなく心をも癒せるように常に心掛けること。それが私どもの信条です。
    どうぞ、お気軽にご利用ください。

◎「バランス整体研究室」に関する体験談
『ビワと健康』  2003年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > バランス整体研究室
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入