半身マヒが劇的に改善

長野県松本市 バランス整体研究室 清沢仙頼 室長

脳梗塞の後遺症で左半身にマヒが残り、歩くことも立ち上がることも困難だった女性(61)がビワ温灸で劇的に改善し、とても喜ばれました。

この女性は昨年11月に発症し、70日間入院しておられました。

息子さんが会社を休んで介護をされていたのですが、狭心症も併発していたことから立ち上がることすら困難でした。

今年4月、当院に来られて施療を始めましたが、歩行が困難でご苦労されていましたから訪問施療にしました。
週3回通い、ビワ温灸を「百会」など頭部、頚部、腰部、腹部、足裏の「湧泉」など全身にたっぷり1時間かけて行ない、温圧後には左手や股関節、足指などに軽い整体を施しました。

マヒはあっても体自体は柔らかく、ただ左半身は冷えていました。

ビワ温灸に限らずこういうケースでのポイントは、マヒのある左側ばかりでなく異常のない右半身にも同じように施療し、全体のバランスを取りながら改善を図ることです。

施療を始めた当初は冷えていた体は、回を重ねるうちに徐々に温まり、8回目くらいから足の指が曲がるようになりました。

病院で懸命にリハビリに励んでもピクリとも動かなかった足指が自力で動かせるようになったのですから、ご本人も介護をして来られた息子さんも物凄く不思議がられ、そして感謝されました。

21回目には立ち上がることができ、32回目からご自分で立ってトイレに行くことができるまでに回復されました。
ここまで回復すると施療のペースも10日に1回とし、トータル4ヶ月で施療を終了しました。

ご本人もそうですが施療にあたった私も改めてビワに秘められたパワーの不思議さを実感しました。

◎バランス整体研究室(ご紹介はこちらです。)
長野県松本市吉川小屋1071
TEL:0263−58−6573

◎「バランス整体研究室」に関する体験談
『ビワと健康』  2005年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 半身マヒが劇的に改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入