帯状疱疹の痛みが軽減

北海道釧路市 タオ整体院 高橋仁 代表


五十肩と聞いて家を訪ねた男性(84歳)は、実はガンが全身に転移している方で身体中あちこちに痛みが出ていました。
骨ガンの影響から左腕は肩から肘にかけて骨が消失し、人工骨を入れている状態でした。

人工骨の挿入手術から2年ほど経過していましたが、肩口の手術痕からヘルペスウィルスが進入したらしく左肩から首、胸にかけて帯状疱疹がみられ、とりわけその部位の痛みが激しく、肌着の縫い代の凹凸でさえ肌に触れると痛くて仕方ないとのことで、肌着を裏返して着ておられました。
本来、あるべき骨が消えてしまったレントゲン写真を見せていただきましたが、まさに深刻な状況だったのです。
患部にはビワの温灸すら当てることができませんでした。
通常、気持ちよく感じる遠赤外線の熱も、この方には熱くて耐えられないのです。

そこで、私がとった方法はビワエキスの温湿布です。
うつ伏せは無理なので、仰向けの姿勢で足、腹部、胸部、腕等痛みの軽い部位にはビワ温灸を施しますが、痛みの激しい患部にはビワエキスを二重のティッシュに含ませて貼り、その上にラップとタオルを被せるのです。

温湿布の熱源は、本人の体温のみです。20分を目安としましたが、初めの5分くらいはピリピリと沁みても時間の経過とともに痛みが収まりとても楽になると喜ばれました。
病院で処方される塗り薬では全く収まらない痛みが、ビワの温湿布だと不思議と収まるのです。

おそらくビワがもつ殺菌作用や鎮痛作用、血液浄化作用等が痛みを和らげてくれるのだと思います。
私は、ビワエキスは種で作ったものと葉で作ったものをブレンドして用います。
ちょうど漢方薬が単体の生薬でなく複数の生薬を混ぜ合わせて相乗効果を引き出すのと同じ要領です。

この方の家を最初に訪ねたのが平成13年12月ですから、約10ヶ月が経ちました。
週1〜2回のペースでビワ療法を続けてこられ、ご本人はさほど自覚はされていませんが、当初から比べるとかなり改善が進んでいます。
最近は、温湿布を行ったあと患部にも温灸を3〜4回当てるようにしています。もちろん、早め早めに合図をしてもらいながら慎重に当てています。

また、ビワ療法との併用で非常に優れていると感じるのが馬油です。
この方の場合、痛みがあるので塗り込むことはしませんが、指が肌に触れないくらい厚めに塗って拡げます。皮膚の表面を馬油の膜で覆うことで菌を窒息させる、そういう観点から用いると痛みを抑制するのです。
一言に帯状胞疹といっても個々により症状は様々です。
常にその方にとって最適なオーダーメードの施療を心がけています。

◎タオ整体院
北海道釧路市治水町5−9
電話:0154−23−3888

(タオ整体院に関する体験談)
  • 全身転移でも痛みが無い
  • ギックリ腰にビワ温湿布


  • 『ビワと健康』  2002年10月15日号)
    ●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 帯状疱疹の痛みが軽減
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入