全身転移でも痛みが無い

北海道釧路市 タオ整体院 高橋仁 代表

私の施術は整体をメーンにビワ温灸を併用していますが、ガン患者の方も多いので重宝しています。

ただ、余命宣告を受けて生命がかかっていても、人は様々な事情や理由を並べてなかなか本気で取り組まないことも感じます。

決して病気VS治療法ではありません。生き方とか、流れとかどうしようもない部分もあり、こちらが尻を叩いても選択は本人の意思ですし、治る治らないは神のみぞ知ることですから、施療するうえでこちらの感情を抑えないと仕方ないことも結構あります。

勿論、真摯に取り組む方も沢山おられます。
乳ガンを発症した薬剤師の女性(59)は、彼女自身ガン患者にアドバイスを行なう方なので、病気や薬に詳しく、また「私が病気を作っちゃったんだから・・・」と意識のレベルが高く、努めて前向きです。
話によると若い頃から体の異変には気づいていたけれど多忙のため放置していたのだそうです。

3年前、北海道から東京の病院に行き、手術を受けたのです。
腫瘍を抗ガン剤で叩いて小さくし、乳房を温存する形をとって手術は成功しました。
ビワ温灸も週2、3回のペースで続けていたのですが、やがて体に痛みや発熱の反応が現れ、昨年9月の検査で全身への転移が判明しました。

頭蓋骨の両側、首の骨、肋骨、胸椎、腰椎、仙腸関節、股関節・・・。骨シンチグラフィーは、これらの部位への転移を如実に映し出していました。
腫瘍マーカーは正常値が5だそうですが、月1回の検査で調べるたびに300から1,000、1,200、1,600と上昇を続け、2,000近くまで上がっていきました。
ビワが万能でないことは分かっていますが、毎日ビワ温灸を行なっても上昇は止まりませんでした。

ただ不思議なことにこれほど骨転移しているにも拘らず、殆ど痛みが出ないのです。これには医師も驚いて首をかしげているそうです。彼女は痛みがないので「私、止まったら死んでしまうから」と休む事なく働いています。
薬剤師なので色々なものを試していますが、とりわけドーム型の温熱マットに入って毎日しっかり汗を流していることと、ビワ温灸が良いようです。

最近、非常に参考になったのは月刊「ビワと健康」の平成21年5月号で紹介されていた長谷部式健康会の全身ビワ温熱法です。全身丸ごとビワエキス漬けにして温熱を加える方法は目からウロコで、自分はまだ甘かったと思わされました。
早速見習ってビワエキスたっぷりのキッチンペーパーで体を包み、ホットパックも4〜5個に増やしてサンドイッチ状態にして温め、さらにその後、ビワ温灸器でしっかり施療することにしました。

また最近ハスミワクチンを始めたことも連動していると思われますが、6月の検査から腫瘍マーカーは下がり始めました。
何かに導かれるかのようで、彼女も総合的に希望が持てているようです。
「私はガンを消そうとは思っていません。折り合いをつけて末永くつき合って行ければいい。ガンになっていろんなことが考えられ、いろんな人と出会えてむしろ今の方が幸せです」と語る彼女に、施療を通じて私自身も勉強させてもらっている気がします。

◎タオ整体院
北海道釧路市治水町5−9
TEL:0154−23−3888

(タオ整体院に関する体験談)
  • 帯状疱疹の痛みが軽減
  • ギックリ腰にビワ温湿布

  • 『ビワと健康』  2009年8月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 全身転移でも痛みが無い
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入